ここではTEAD & 冬ぬくの世界観における遺伝の設定について紹介します。

各地からの移民が集まってできた国であるため様々な目・髪の色を持つ人が存在しています。


  • 目の色

目についてはシンプルです。両親いずれかと同じ色になります。


  • 髪の色

髪については複雑です。
色を決める遺伝子2つ+色の濃さを決める遺伝子1つで決まります。

http://krsm94.web.fc2.com/uchi/hair1.jpg

http://krsm94.web.fc2.com/uchi/hair2.jpg

http://krsm94.web.fc2.com/uchi/hair3.jpg

http://krsm94.web.fc2.com/uchi/hair4.jpg


島の人々は、上記の遺伝の仕組みについて
・目の色は両親どちらかから受け継ぐ
・髪の色は両親と似ることが多いが、そうでないこともある
という程度に理解しています。

目も髪も、紫はレアと言われています。
紫の髪は、諸外国で高値で売れることが山賊らの間で知られています。

黒髪+赤目の組み合わせは主に王都で差別の対象となりますが、
ある程度の確率で生まれてきてしまいます。


(裏話)
高校1年で習った生物の影響を受けて遺伝設定を作り始めたのですが
それ以前からTEAD・冬ぬくの構想はある程度あったため所々こじつけです。
特に波長を持ち出すのはチートだと思ってます;
物理の波動の分野は高3で習ったと思われるので
この設定を考えるのに少なくとも2,3年は唸っていたのかもしれません。