• 魔道士

    生まれながらにして魔力を持った種族。 レニアース大陸のほとんどの地域では、魔力は統制され、管理されるべきと言う概念が通念となっていた。 故に、魔力を持っているとわかると、彼らは半強制的に教会が管理する魔道士ギルドに入らねばならなかった。 このギルドは、魔力を使いこなすための訓練や...

  • ドラゴナー

    竜に変身できる魔道士。数は非常に少ない。その寿命はかなり長いと言われ、不老であるとも考えられている。 魔力も強力で、そのために魔法帝国ニルフェンガルトの魔道士会からは敵視され、常に追われ続けている。

  • ニルフェンガルト帝国

    魔道士が権力を持つ、レニアース大陸唯一の国家。 その頂点には賢者と呼ばれる大魔道士たちが君臨しており、良くも悪くも大陸中に影響を与えている。

  • ミンタカ族

    長身巨躯の亜人種。 レニアース大陸の北方にあるノーラヴェント列島群にそれぞれ独自の種族が住まっており、ミンタカ族とはその種族の総称。 海洋戦を得意としているが、総じて戦闘能力の高い種族である。

  • トーラス

    レニアース大陸の南西部山岳地方の麓にある辺境の町。 帝国からも、自由都市連邦からも遠く隔たっているため、あらゆる地域から、曰くつきの者たちがたどり着き、寄り集まってきている。 一時は治安が悪かったものの、ある時期から他人に干渉しないという暗黙の了解が流れ出し、現在の穏やかな田舎の町に落ち着...

  • タパイ

    トーラスの西にそびえるデネヴ山脈に暮らす山岳民族。 ほぼ山からは下りずに自給自足の生活をしている。 デネヴ山脈最高峰であるグラン・トゥンの山頂に住むと言われている蒼竜を信仰しているが、これは公には隠されている。しかし実際にドラゴンが生息しているかは全く不明。 浅黒い肌 がっしりした...

  • エルフ

    基本的には森や山岳地帯などの人里離れた地域に住まう亜人種。長命。戦闘能力、魔力においても優秀。 レニアース大陸が現在のように三大国に事実上支配される以前は、エルフが優位に立つ世界だった。 しかし、人間の人口が増加し、食糧を求めて領土を拡大していくにつれ、また、魔法大国ニルフェンガルトの台頭...

  • 自由都市連邦

    レニアース大陸を三分しているニルフェンガルト帝国、ゼロース共和連邦、ダレンワース皇国とは一線を画した都市国家の集合体のこと。 オストヴェレ海峡を挟むように5つの都市国家が存在している。国家元首はいないが、それぞれ統治者がおり、年に数回、都市国家間の問題を会議する場をもっている。 バレンシア...

  • 宵星の涙

    初秋の靄のかかった明け方にしか開花しない薬草。 外見はカタクリの花のような感じ。 薬効は花全体に含まれているが、特にその蜜は強い効能をもつとされる。 効用は強力な魔力の回復と魔力効果の増幅。 同じく初春の快晴の明け方にしか開花しない「暁の輝き」と調合すると、最高レベルのエリクサーのよう...

  • 暁の輝き

    初春の快晴の明け方にしか開花しない薬草。 外見は黄色いヒナギクのような花。 薬効は花と根の部分にあり、花には強い体力回復の効果がある。これを根の部分から採取できる絞り汁を使って「宵星の涙」と混合すると、体力・魔力ともに大きく回復する妙薬になる。