曖、昧、Me、

小雨↔小梅 意識し出してからのバレンタイン。

止まる瀬を無くした蝶のように

愛華と藍華が和解する前の話。 ただ愛華が黒いだけ。

神は私に振り向かない

斎と東雲、小雨と小梅が恋人になってからの話。 ジューンブライドに浮かれる東雲と小雨。

ねぇ君は、誰の為に笑うの、

恋人未満の小雨→小梅。 まだ百合華のことを好きな頃。小雨が苦悩する話。