虎魄館

過去にも未来にも異次元にも、果ては死後の世界にも···
無限に拡がり、あらゆる場所に繋がると噂される図書館。

人間贔屓のありがたくない神が館長であり
人喰い種族を始めとした暢気な魔族達が管理を務める。

紙媒体に限らず、書物とあらば歴史に埋もれた凡作も
世界を揺るがす魔導書も、なんでも置いてあり
解析が追い付かないほどの膨大な蔵書量である。