アサシンちゃんとハンニバル中将の共同生活3 

6ad96a81598dbb2d1179f0a338187dc5 残念なアサシンさんからのエピソード

アサシンちゃんことミカエルは、マティアス司令官にハンニバル中将との同居生活を命じられ、彼と一緒に生活することになった。


突如豹変したハンニバル中将がアサシンちゃんに襲い掛かる。

  1. (c:103400)

    クックック…。二度と逃げられないように手足を引きちぎってやるぜ。

  2. (c:94023)

    何故だ!?さっきまであんなに優しくしてくれたのに!

  3. (c:103400)

    気が変わったぜ。てめぇはペットよりも食料がお似合いだ!

  4. (c:94023)

    やめて…助けてくれ!

ハンニバル中将はアサシンちゃんの腕を引きちぎった。
アサシンちゃんの悲鳴が響いた。

  1. (c:103400)

    ハッハッハッ!もう片方の腕もだ!!

ハンニバル中将はアサシンちゃんのもう一本の腕を引きちぎり、更に狂ったようにズタズタに引き裂いた。
アサシンちゃんは既に瀕死状態になっていた。

  1. (c:94023)

    もう誰も信用出来ない…。

アサシンちゃんはそう言い残し、息絶えた。
するとハンニバル中将は我に返った。

  1. (c:103400)

    おい、生きてるか!?まさか本当に死んじまったんじゃねーだろうな!?

ハンニバル中将は、自分がやらかしてしまったことの重大さに初めて戦慄する。

  1. (c:103400)

    くそっ!俺は何て馬鹿なことをしちまったんだ!もう少しでこいつと仲良くなれたのに!

ちょうどその時、マティアス司令官が部屋に入って来た。
どうやらアサシンちゃんは通信機で助けを求めていたようだ。
返り血を浴びたハンニバル中将にマティアス司令官が近づいてくる。

  1. (c:102699)

    お前…まさかミカエルを…。

  2. (c:103400)

    そうだ。俺はあの日から人殺しがやめられなくなっちまった…。
    このままでは大切な部下達までも殺してしまうかもしれない。そうなる前に…。

そう言うと、ハンニバル中将は自身の体を引き裂き始めた。

  1. (c:102699)

    おい、馬鹿なことはやめろ!

  2. (c:103400)

    近寄るな!仲間を守るには俺が死ぬしかねぇんだ!

  3. (c:102699)

    生きて罪を償えばいい!お前には将としての責任があるだろうが!
    お前は私にとって唯一の戦友だ。勝手に逝くのは許さん!

  4. (c:103400)

    …ありがとよ。そう言ってくれるのはお前だけだぜ。軍のことは頼んだ…ぞ…。

ハンニバル中将はそう言い残し、アサシンちゃんの体に覆いかぶさるように倒れた。
ハンニバル中将も力尽きてしまったのだろうか?

次の話→https://www.uchinokomato.me/episodes/2369

第1話→https://www.uchinokomato.me/episodes/2282
第2話→https://www.uchinokomato.me/episodes/2312


このエピソードの登場人物

 ご意見・ご要望はこちらまで