0e89e63b04402355f582194f1779e324ゆぁすかいさんの創作っ子
57e99e6f593474a38579f4d749bef783

仁井田一

    B51715ef06de0128c0997eeced0500d0

    プロフィール

    フルネーム
    仁井田一
    フリガナ
    にいだはじめ
    登場作品
    学生戦争
    年齢
    15歳
    性別
    一人称
    おい
    二人称
    ~さ(「~さん」のつもりだがうまく言えてない)
    Medal button
     

    白軍1年
    部隊長
    黒髪 金・青のオッドアイ(ビー玉)
    冷徹な性格
    武器は刀

     白軍に所属する女子1年生である。盲目(というより、ある経験から目玉が取り除かれている)の剣士で、特に聴力を活かし優れた剣術を発揮する。諜報部だが、普段彼女は鞘に納めた刀を杖代わりに使い、地面とトントンと叩きながら歩くのでまるで諜報活動には向いていない。専ら戦闘専門である。
     彼女の居合は素早く、無駄がない動きである。必要最小限の動きで相手を無力化させる戦いをする。しかし、無力化させ抵抗できなくなったところに止めをしっかりと刺す。非情である。
     両目に入れられているビー玉は、他人を驚かせないようにとりあえず目玉の代わりに入れているだけであり、特にこだわりはない。
     感情的にならず、与えられた命令を淡々とこなす。
     なぜか時代劇に出てきそうな言葉遣いで喋る。

     入学する1年ほど前に黒軍に暴行を受ける。その時、目玉を取り除かれ、また額にも大きな傷を受ける。しかしそこに (c:94306) が現れ、彼に保護される(その際彼は左腕を切断される重傷を負う)。そのまま白軍の学校に入学し、以来彼に付き慕うようになる。その後も彼から聴力のみで生活をしていく術や戦闘訓練などを受け、一流の兵士へと成長する。彼に対して恩義を感じており、彼がかつて所属していたという理由だけで諜報部を志望した。
     しかし、「自分のせいで左腕を失わせたのではないか」という責任も感じている。彼に付き慕うのも、彼女なりの恩返しか、あるいは罪滅ぼしなのかもしれない。

     白軍本部から (c:84581) を誘拐せよとの命令を受け、彼と共に黒軍本部に侵入、そこで (c:84572) と志乃田エリーに遭遇し、降伏させる。当初、北川白式を殺害するつもりだったが、 (c:98906) の突然の要望により、2人とも生け捕りにする。

    (12/31 追記済 追記予定)

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。

       ご意見・ご要望はこちらまで