Img1440087759725天河さんの創作っ子
Missing thumb

金仙寺 諏皇

「母性あふれるおねえしゃんにママになってほちぃのぉぉぉぉぉぉ!!!」

    9655269053842081ca00435c94721eb4

    プロフィール

    フリガナ
    キンセンジ スオウ
    登場作品
    うるう秒
    年齢
    19
    誕生日
    1月3日
    性別
    血液型
    A型
    身長
    173
    体重
    52
    出身地
    都内(下町)
    一人称
    二人称
    〇〇さん、ママ
    Medal button
     

    安土桃山時代に発足した柔術、金仙寺流拳法を継承する家庭に生まれた。

    金仙寺流の特徴として、一撃で仕留める事にこそ美学を感じている。戦場ではチンタラ戦っている余裕はないのである。
    戦場で慈悲をかけてはならない。殺られる前に殺れ。と、初代は言っていたと家に伝わる書物に書いてある。

    祖母は私立中学の理事長。年の離れた兄、そこそこ年の近い弟がいる。また、金仙寺家では馬を3匹飼っている。

    話し方はカタい。ただの敬語ではない。
    友達の影響で流行にはついていけているが、自分から流行の道へといくことはない。あくまで彼にとって一番大切なのは金仙寺流だ。
    体力がないので一撃で仕留めるがモットーな金仙寺流が合ってるのではないかと思う。
    趣味は乗馬と茶道。趣味とは、上質な教養なのだ。

    そんな彼にも性癖がある。
    それは、年上の巨乳のお姉さんの子供になってオギャる事である。
    しかし、それが叶ったことはない。バブみとは違うが、もしかしたら年下の女の子にバブみを感じてしまうかもしれない。
    普段はキリッとしていて色男な事で有名だが、一人になった瞬間、巨乳の包容力のあるお姉さんの画像を検索し、鼻の下を伸ばして「ママァ…」と言っている。
    その無様な姿を見てしまった者は、どうなるか知らない。
    これは、家柄や教養が厳しいからその反動とかそういうものはではない。
    彼自身が、自分で切り開いた未来なのだ。己の拳で掴みとった立派な性癖だ。

    幅広い武道を見てこいと現在の道場主である祖父に言われ、中国の武術専修院に2年間留学し、最近帰ってきた。

    ※金仙寺流拳法は架空の流派です。

    ママァ