3431c4affd5b024db9b9c6c1e1017e17フェイスレスさんの創作っ子
Missing thumb

孤蝶の夢

「夢の世界へ、ようこそだぜ?」

    プロフィール

    フルネーム
    夢森 縁
    フリガナ
    ゆめもり ゆかり
    登場作品
    亜人の書
    年齢
    16
    誕生日
    6/10
    性別
    血液型
    O
    身長
    161
    体重
    49
    一人称
    私(わたし)、オレ
    二人称
    あなた、オマエ
    Medal button
     

    説明:
     ―東京護法学園1年生。種族は夢魔。
     ―喫茶店『胡蝶の夢』の看板娘。極度の人見知りで、目立つことが大の苦手。根は強く、誰かとかかわりたい反面、初めの一歩を踏み出すには勇気が足りない様子。どうにもままならない状況に陥った際は自己暗示を掛け、第二の人格を演じて乗り越える。元々は特に夢も、目標もなく過ごしていたが、銀閣との出会いをきっかけに自身を変えるべく、護法を目指すようになる。

     ―護法としての才には恵まれているものの、戦闘の経験がほとんどない。しかし、そこは彼女の魔法である程度は補うことが出来る。自己暗示を掛けることによって、誰かの戦い方を模倣することでそれなりに戦えるようになる。広範囲催眠魔法、幻覚魔法で相手を撹乱する他、魔力弾を撃ったり、魔力盾を張るなど、万能型と言える。

    経歴:
     ―春休みに実家の喫茶店が人手不足でバイトを募集した際、やってきた銀閣と出会う。極度の人見知りである縁は見た目の怖い銀閣に初めはたじろぐが、誤解だと気付くと二人の距離は一気に縮んだ。銀閣の叔父の話を聞き、彼の護法を目指す熱意に感化されて自身もまた、護法を目指すようになる。このことから度々、自身に欠けていた自己暗示魔法に変化が訪れる。具体的には模倣する相手を曖昧な男性像ではなく、銀閣と固定したのだ。

    外見:
     ―目元を覆い隠す長い前髪をした黒髪のショートボブ。時折、前髪が揺れると粒良でぱっちりとした蒼玉の瞳がちらつく。背は小さく、小柄で可愛らしい姿は人形の様。

    武装:
     ―特になし

    異能:
     『夢魔の特性』
     ―夢の中で自由に行動することが出来る。催眠魔法を得意とする種族。
      大きな外巻角と夢の世界では夢魔の髪は桃色になることが特徴的。
      
      『自己暗示』
      ―思い浮かべた相手に関する記憶を想起させ、自身の人格、もしくは行動に反映させる。
       暗示の対象とした相手と同等の動きが出来るようにはなるが、自身の肉体による。   
      
      『オネイロスの抱擁』
      ―対象を、その背中に出現させた白い翼に包むと強烈な睡魔によって昏倒状態にする。
       複数人を同時に夢の世界へ連れていける強力な催眠魔法。

      『夢幻泡沫』
      ―高精度の幻覚によって相手を混乱に陥れる。実際にそうであるかのように感じさせる
       通常では相手の視界を眩ませたり、幻想の樹を絡ませて金縛りするくらいが限界。
       孤蝶の夢内であれば、辺り一帯を瞬時に樹海や水底へ変えることもできる。

      『孤蝶の夢』
      ―夢現の入り混じる空間を召喚し、夢魔本来の力を使うことが出来るようになる。
       魔力の大部分を消費する大技だが、この空間内では夢魔に勝てる相手はそう相違ない。

    参考セリフ:
    「は、初めましゅっ―――ぅあう、舌噛んじゃいました・・・・・・」
    「だ、ダメですよ、先輩!危険です!」
    「さーて、オマエはどんな悪夢がお好みかな?オレにおしえちゃくれねぇか?」
    「へぇー、先輩って、こ・う・い・う・の、が好きだったんだなー」

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。