9944ef20b462082b45ebcb77e4fb8fd0夜里さんの創作っ子
5305b82b47a6931adba0367f4548405b

アルノーリト

うふふ…わたくしが男でも?

D66942ca0e4b4af94535678ce741f373

プロフィール

フルネーム
アルノーリト
登場作品
鳥と鳥籠
年齢
16
誕生日
11月12日
性別
male
身長
178
出身地
ロシア
一人称
わたくし/ボク
二人称
貴方/お前
Medal button
 

■鳥籠=オーギュスト(@sousaku_ayame宅)さん

鳥 籠 :おじいさま・ご主人様

目の色:バイオレットサファイア
髪色:秘色(ひそく)
髪型:M字バング+ふわふわサイドドリル(女装時)

誕生日:11月12日
出身:ロシア
家族:覚えていない(大家族・地下暮らし・一般階級)
趣味:人をからかうこと・女装(自分を可愛く見せること)
好き:悪戯・着飾ること
嫌い:冗談が通じない人
口調:女装時=基本令嬢口調。男装時=敬語、ため口
    「ごきげんよう、今日もいらしたの?」「うふふ…わたくしが男でも?」「誰がオカマだって?あ゛?!」

性格:悪戯好き。女装が好きなのであって、精神が女性的なのではない。徹底した女装で人をからかう
    のが大好き。それを仲買人の下でも行うため、購入寸前まで持ち込んでは直前に男だと打ち明
    けることで今まで全ての購入を破談に追い込んでいた。その時の鳥籠の歪んでいく表情を見るの
    が最高の楽しみである。
    購入さえされれば主人には実に従順。趣味をとやかく言われなければ素直につき従う。素のまま
    の自分を女・男それぞれの自分を、受け入れてくれる相手を無意識に”選定する側”だった。鳥
    としては珍しい傾向だったかもしれない。

■過去
    ロシアの地下で息をひそめるように家族と寄り添っていた。一般階級。異形を嫌悪された上、金に
    なるとして物心つく前に売られている。自分の名前と誕生日、そして寒さと飢えしか記憶にない。