6919256燐咲さんの創作っ子
Sisimaru0

獅子丸

「嬢ちゃんみてェな女の子が居りゃぁウチも繁盛するってなぁ!こりゃ、福が来るってぇもんさ!」

Sisimaru

プロフィール

フルネーム
獅子丸
フリガナ
シシマル
登場作品
都異聞録
年齢
年齢不詳
誕生日
8/1
性別
血液型
不明
身長
188
出身地
不明
一人称
あっし
二人称
お前さん、テメェ
Medal button
 

【趣味】博打
【好きな物】煙管/酒/甘味
【嫌いな物】油っこいもの
【よくいる場所】獅子の舞
【武器】術
【属性】雷

都異聞録シリーズの重要キャラクター。
蒼ノ都一、二を争う繁盛店【獅子の舞】の店主で、その商いは幅広い。
店表では行商から仕入れた民芸品等の小間物を、店内は飲食店を営んでおり
夜は居酒屋としても営業。
その本業は妖事を引き受ける【七蓮華(しちれんか)】の一人。
豪快で人情味のある人柄が都の人々に愛されている。
自身も幼少の頃の記憶が無い等、ワケ有り故かワケを抱えた人間を放って置けない。

喧嘩が強く、裏通りで歩けば道を開けられる。
また、その風貌(髪型)から町の人々からは獅子舞(ししまい)と親しまれ、
悪党どもには鈴鳴りの鬼獅子と恐れられている。

ちなみに (c:63008) の他に (c:63025) も拾って雇っている。


【~蒼ノ宴~】
 ~居候~から一年後も相変わらずな獅子丸であるが、此処で初めて彼が妖弧や蒼ノ大王と顔見知りである事が知れる。
 特に、黒銀(沼狐)とは強い因縁めいたものがあるような素振りを見せられる。


実は三狐(沼狐、荒れ寺の狐、都狐)の都狐にあたる妖弧の時期族長候補。
鍵荒(荒れ寺の狐)と同じく、人間を愛しんでおり
素性を隠して都に住んでいる。
その際、保義と蒼ノ大王の力を借りて神紋(とても高位の妖が使う神としての力)を封印している。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。