Missing thumb福千(ふくち)さんの創作っ子
Icon%29%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

ヘルマ

森番家系最終世代

%e8%89%b2%e6%88%a6%e8%a8%98%ef%bc%89helma ramsey gurevich

プロフィール

フルネーム
ヘルマ・ラムジー・グレヴィッチ
フリガナ
Helma Ramsey Gurevich
登場作品
色戦記
年齢
18歳
誕生日
6月10日
性別
女性
身長
151cm
出身地
ゲルブ
一人称
あたし
二人称
あなた
Medal button
 

ゲルブで復活色について研究している少女。

フロルツェ種族とバニット族との混血である父と、獣人の母とを親に持つ。
父と同じくバニットの能力は薄く、魔力を聞き取る能力はほぼなく、人間よりも聴覚が良いというレベル。ただ手先は器用。
フロルツェの能力は健在ではあるが、同時にその力を恐れてもいる。

身体に咲く花は野薔薇。
性格はマイペースで少しばかりお転婆。
かつて曾祖父が愛し、祖母が憧れた緑という色を目の当たりにできた感動から、更に研究にのめり込むようになるが、生来の体質かずっと研究室に缶詰になるということが出来ない。
そのため、息抜きやフォールドワークと称して、母やかつての父方の祖母のようにあちこちを歩き回っている。
研究室の仲間達にも息抜きをすすめたり、お茶やお菓子を差し入れることが多いためか、可愛がられている様子。
本来は机に向かっているよりも、外で身体を動かしたり駆け回ったりする方が好き。
魔法は得意ではあるが、訓練していないため、生まれつき得意とする探知の魔法くらいしかまともに使ったことがない。
フロルツェ特有の自身の生命力を他者へ分け与える力に関しては、その力のために亡くなった父や背中の花が枯れた姉の姿を見ているために、力を使う事を恐れるようになってしまった。
能力を使う度に「あと何度使う事ができるのだろう」「自分も父のように早くに死んでしまうのだろうか」と密かに怖がっている。