Missing thumbハインドさんの創作っ子
85bbd43d5b876deb1e9be3ec60f36dbe

ドット

ただ、"家族"の力になりたい

5777fa32f50eaf8079f14b81e581d10a

プロフィール

フルネーム
ドット・ハーラット
フリガナ
ドット・ハーラット
登場作品
ぷそ関係
年齢
20
性別
血液型
O
身長
164
体重
42
出身地
ガーディアンズ・コロニー
一人称
二人称
○○さん、あなた(親しい人には名前で呼ぶ)
Medal button
 
Medal

顔に一文字の傷があるアークス、
お腹など多く露出したロングコートを好んで着ている。
顔の傷や自分から話題を振らないことから、
初対面でクールな印象を抱かれるが、
ノリがよく、少女らしい笑顔を見せる。
年齢よりも中身は幼い。

他人には優しいが、
自分が優しくされると申し訳なさ半分気恥ずかしさ半分になり、
人に甘えるのがちょっと苦手。

困っている人を放っておけないお人好しで、
手が届くところに助けられる人がいれば、なんとしても助けようとする。
どこか甘いところもあるが、
ドットの弱点でもあり、強さでもある。
お酒に弱く、1杯飲んだだけで赤くなり、何も憶えてない。

(c:118760) とは一応親子として、模索しながらも関係を築こうとしている。
"おかーさん"と呼ばれることは慣れようとしているが、
他人がいる前で呼ばれるとどうしてもショックと恥ずかしさに耐えられない。

OKなもの
 ・同性によるエロ
 ・異性によるエロ(要相談)
 ・かませ要員
NGなもの
 ・四肢切断といった、グロやリョナ系(軽いケガや流血程度はOK)
 ・死亡

  • 普段よく着る服
    リトルウィング所属以前~アークスバウンサー時代
    ローゼントライム紅
    ファントム以降
    シーリスクロス シーリスクロス影
  • 顔の傷
    ガーディアンズ時代のテロリスト残党狩りの任務において、
    教官で隊長だった (c:58286) の背後に狙った敵を返り討ちにした際、付けられた傷。
    その時に付けられた傷を見たヴィクターに
    「度胸があるな、見直したぞ、その傷が様になるときが楽しみだ。」
    と実力を認め、褒められた。
    両親を亡くしていたドットにとって、
    褒められる事が久しぶりで、当時は戦闘でも前に出してもらえなかった事もあり、
    ドットにとって初めてヴィクターに認められた証であり、
    顔の傷を治そうとはせず、ずっと残している。
  • お人好しと暗い過去
    人前では明るく振舞い、困っている人を放っておけないお人好しだが、
    かつて自分の手が届くところで人が死ぬのをたくさん見ていたのもあり、
    過去の後ろめたさから、生まれ持ったお人よしがさらに強まっていた。
    弱かった過去の自分を受け入れたことから、
    過去を思い出しては泣いたり、震えることがなくなった。
  • かわいい物好き
    かわいい女の子やラッピーを初めとしたかわいい動物が好きで、
    ラッピーのぬいぐるみをもふもふするのはまだいいが、
    かわいい女子を妹のように接し、
    許されるならひたすら頭を撫でたり、抱きしめていたいと思っている。
    かわいい服も好きではあるが、自分が着るのは避けたがる。
    決して男嫌いではなく、
    男に対して、赤面や動揺することもあるが、
    それ以上にかわいい女の子が好きなのは、
    過去に自分が守ることが出来なかった存在が女の子が多かったことから、
    無意識的に女の子を守りたい、
    自分の手の届く場所にいてほしいと思うようになり、
    少々変態じみた思考を抱くようになる。
    ただ結構ウブで、手を出すことは早々無い。
    むしろ、 (c:58283) などにやられることが多い。
    (本人は否定しているが)アイレンとのスキンシップに対し、周りから妙な疑いをかけられることが多い。
  • 惚れる基準
    同性は過去に仲間が全滅したトラウマから強さもしくは性格的に庇護欲がわく相手
    異性は自分と比較して何かしら共通点があること
  • 赤い服を着る理由
    ドットは元々赤が好きではあるが、
    師匠でもあるヴィクターの影響が大きい。
  • 主な戦い方
    単体や少数であればデュアルブレードを、
    多数であればジェットブーツを駆使して流れるかのように戦う。
    必要に応じてガンスラッシュで打撃、射撃、また法撃も使って戦う。
  • 武器の適性
    得意なもの
    仲間の穴を埋めるかのように打撃、射撃、法撃を使い分けて戦う為、
    元々得意といえる武器はないが、ヴィクターの影響もあり、
    軽量あるいは二刀流の武器を好んで使う傾向があったが、
    ファントムになってからは、カタナとライフルを使うようになった。
    得意なもの
     ・デュアルブレード
     ・カタナ
     ・ライフル
    苦手なもの
    あまり重量のある武器は好まない。
     ・ソード
     ・ワイヤードランス
     ・ランチャー
  • 来歴
    ガーディアンズ・コロニーで生まれ育ち、
    物心つかない頃に警察官だった父を無くし、
    16歳の頃に母を病気で無くし、
    可もなく不可もなく、目標や夢も無かったドロシー・エアハートは自堕落で無気力に過ごしていた。
    ある時、同い年の青年がガーディアンズで英雄となったことを知って、
    漠然とした憧れから、ガーディアンズへと入隊。
    教官となったヴィクターの実戦交じりの訓練によって、
    着実に実力を付けていたが、
    ある時のHIVEの突入作戦にて隊長だったヴィクターのMIA(戦闘中行方不明)、
    彼女以外の隊員が全滅した時を境に、
    どれだけ果敢に戦っても、仲間だけが死に自分が生き残ってしまい、
    「死神」と呼ばれるようになった。
    SEED事変終結後、
    ドロシーは自分の無力を嘆き、逃げるようにガーディアンズを辞職し、
    「じぶんはちっぽけなドット(点)に過ぎない。」とのことから、
    名前を「ドット・ハーラット」と名乗り、
    かつての自分と結びつかないよう、
    顔の傷以外の姿を出来るだけ変えて、傭兵として放浪していた。
    放浪の末、民間軍事会社リトルウィングの勧誘を受けて入社、
    仕事をこなすうちに、自信を取り戻し、
    仲間が増えて、自分が久しく感じなかった"家族"のような温かみを感じ、
    今まで欲しかったのは名声でも力でもなく、
    自分を受け入れてくれる、
    間違っていたら正そうとしてくれる、
    頼ったり、甘えたっていい、
    お互いを助け合える仲間……"家族"だったことに気付いた。
    そんな"家族"と過ごしているうちに、
    死んだと思っていたヴィクターとの再会、
    ヴィクターの戦い、事件を起こした黒幕との戦い、
    そしてヴィクターの死をきっかけに、
    ドットは弱かった自分をやっと許すことが出来、前に進むことが出来た。
    アレックスが亜空間航行の事故で行方不明になって、
    二ヶ月経とうとした時、
    ドットは"家族"と共に亜空間発生装置の故障から、
    惑星ナベリウスに飛ばされて、
    その先でアークスに保護され、そのままアークスへと入隊、
    やっとアークスに慣れてきたときに、
    何故か生きていたヴィクターを発見、保護して、自分達のマイルームにいれることにした。
    その後、ヴィクターがクローンだと知ったが、
    それでも自分の"家族"であることに変わりはないと受け入れ、
    さらにアイレンが自分の子供だと知った時も困惑したが、
    ひとまず親子としての関係を築こうとしている。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。