%e3%82%88%e3%81%84%e3%81%be%e3%82%8a%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3五鞠さんの創作っ子
%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

カナリア

魔女の血を継ぐ男の子

    %e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b8%e3%82%a7%e9%a2%a8

    プロフィール

    フルネーム
    カナデ
    登場作品
    えびせん
    年齢
    17
    誕生日
    9月くらい
    性別
    おとこのこ
    血液型
    A型
    身長
    こばとと同じくらい
    体重
    平均くらい
    出身地
    こばとと同じ少数民族
    一人称
    ボク
    二人称
    キミ
    Medal button
     

     少数民族で魔女の血筋をもつ家系に生まれた一人息子で、 (c:26205) の幼馴染。子供の頃こばととしたとある約束をずっと大切にしているが、当の本人にはいやがられている。生真面目な努力家だが、何かと努力が報われない不憫な人。少数民族出身故、身なりに似合わずサバイバルな言動をとることもある。

    子供の頃、魔法が上手く使えないことを、母に男だから魔力が少ないと言われたことが納得いかず、女の子の戦士であるこばとによく八つ当たりをしていた。 この時カナリアが放った「女だからキミは弱い」の一言が、女の子である為に自分は弱いというこばとの思い込みを生むことなる。これは、こばとが接近戦で負傷することを恐れての発言でもあった。中盤で、一族の規則を破らず転職するには、転職したい役職の血筋を持つ人と婚約すればいいと分かり、相互利益とごく個人的な思い入れの両方からこばとに婚約を求めるようになる。

     都会育ちの人間に馬鹿にされないよう、気位の高い口調で話すが、たまにおかしな表現になっている事がある。歌を歌うことが好きで、声がよく通る。高いところが好きで木登りも得意だが、降りるのは苦手。くるみパンが好物。
     


    1. (c:51580)

      お嬢さん申し訳ない、ボクには心に決めた人が…

    2. (c:26207)

      いいじゃんいいじゃんちょーっとくらい遊んだってバチは当たらないって~
      さ、俺と一緒に楽しいことしよ?

    3. (c:26205)

      あ!からすこんなとこに!ってあれ、カナちゃんと一緒だったの!?

    4. (c:26207)

      カナちゃん?

    5. (c:51580)

      ヒナ!

    6. (c:26207)

      ヒナ?ちょっと待って、お前らどういう関係なの

    7. (c:26205)

      なんだっけ、おさなななじみみたいな、ね?昔からのお友達!

    8. (c:51580)

      そう、そして将来を約束しあった仲だ

    9. (c:26205)

      そうだっけ?あ、思い出した!カナちゃん言ってたもんね!

    10. (c:51580)

      ああ!まさかヒナが覚えていてくれたとは!

    11. (c:26205)

      ボクの王子様になってくださいだっけ?

    12. (c:51580)

      あー…若干の語弊があるね、正しくはボクのお姫様になってください…って恥ずかしいことを初対面のお嬢さんの前で言わせないでくれたまえ!!

    13. (c:26207)

      ちょ、勝手にいちゃいちゃすんな!ってかこんなふりふり男に負けてたまるか!俺の方が可愛いし美しいし勝ち目しかないわボケ!!

    14. (c:51580)

      キミ、男だったのか!?この服はそもそもボクの趣味ではないし、だいたいキミの方が十二分にふりふりではないか!

    15. (c:26207)

      へへーん俺は似合ってるからいいもんねー

    16. (c:26205)

      二人でふりふり男頂上決定戦してるとこ悪いけど、私カナちゃんのお嫁さんにはならないって何度も断ってるーって…聞こえてないや…


    1. (c:51580)

      (えびせんの後をつけてたら、謎のフリフリした下着を拾ってしまった…しかし何故かいつも行動を共にしている隣のお上品そうな女性にこれの所在を聞くのは不躾かもしれない)

    2. (c:51579)

      (いつの間にかいつも隣にいる育ちのよさそうなお兄さん、からすクンのパンツを拾ってしまって困ってる…サイズとデザイン的にえびせんの中であのパンツを穿くのはからすクンしかいない 教えてあげたいけどこれが初めての会話になるのはあまりにも良くない気が)

    3. (c:51580)

      あ、あの

    4. (c:51579)

      はい…

    5. (c:51580)

      今日はその、いい天気ですね

    6. (c:51579)

      (パンツ持ったまますごく爽やかな笑顔で声を掛けられてしまった…!)

    7. (c:51580)

      ところでこの……聖域の守護神を落としたのは、もしかして貴女だったりしますか…?

    8. (c:51579)

      (聖域の守護神!!)はい

    9. (c:51580)

      (こんな派手な下着を穿いてるとは意外、いや、人を見た目で判断するのはってそういう問題じゃない!)じゃあどうぞご遠慮なく、お姉さんに神のご加護がありますよう!

    10. (c:51579)

      あ、はい、ありがとうございます、お兄さんにも神の恵みがありますよう(何かがおかしいけどからすクンのパンツが手に入ってしまった、ありがとうパンツのお兄さん…!)

    11. (c:51580)

      (いや待て、このままではボクのイメージがパンツの人になってしまう、それはまずいぞ)あっ、名乗る程のものでもございませんが、ボク、カナリアって言います、以後お見知りおきを…

    12. (c:51579)

      こちらこそ、申し遅れてしまいごめんなさい、ワタシ、キウイって名前です、アナタとは、仲良くなれそうです…(パンツのお兄さん、今度はもう少しまともなお話ができたらいいな)

     ご意見・ご要望はこちらまで