Kayanaiconかむい かやなさんの創作っ子
Sariel

サリエル

歩く重火器砲塔

Sariel

プロフィール

フルネーム
sariel
登場作品
ロマネスクバンパイヤ
年齢
34歳
性別
血液型
O型
身長
186cm
Medal button
 

「・・・ハハッ、一杯食わせやがって、このハナッタレが!」

戦闘時は着崩してるけど、公の場ではわりときちんと着付けてるかんじ。階級は少佐。
歩く重火器野郎。12歳と8歳の娘がいる。男やもめ。格好の割には常識人。ただし重火器を持つと性格が変わる。ラグとレミーを部下に持ってしまった彼の運命や如何に。

本名サリエル・ジェンキンス。アメリカ出身。貧困層出身でハイスクールを卒業してすぐ米軍に入り、潜在的な霊力の高さと重火器の腕を買われてチャーチに入った異色の経歴を持つ。第七小隊に所属して初めての戦場で、処刑されかけていたガブリエイラを救出し、懐かれていつの間にか師匠の地位に立ってしまう。バルト地方で出会った女性スザンヌと恋に落ち、チャーチを辞めて結婚を決意するが、腕の良さとガブリエイラの存在によってチャーチ所属続行の命令が下される。スザンヌとの間に二児をもうけたが、バルト三国の内戦による政府軍の空爆に巻き込まれ、スザンヌは娘を彼に託して死んでしまう。上の娘ニーナには「母ちゃんを助けてくれなかった」として恨まれてしまっているが、生来の説明下手と確かにその通りかもしれないとの呵責故にニーナとの仲を修復できないでいる。

元第七小隊隊長として、ミーシャ、ガブリエイラ、ウルに深く慕われている。ラグでさえ彼には結果的に逆らわない程の人格者。老師には良い様に無茶を言いつけられる悲しい中間管理職。

コメント

コメントするにはログインが必要です。