%e3%81%8f%e3%82%8d%e3%82%8d1%284%29966さんの創作っ子
797f9e59cbe851638ccb3dcedc2b31fa

プロフィール

フルネーム
Jack Foster
フリガナ
ジャック・フォスター
登場作品
クトゥルフ神話TRPG
年齢
23歳
誕生日
9/30 天秤座
性別
血液型
A型
身長
159cm
体重
43kg
出身地
イギリス
一人称
二人称
君、貴方、~さん、呼び捨て
Medal button
 
Medal10Medal10MedalMedalMedalMedalMedalMedalMedalMedalMedal

STR:3 CON:9 POW:10→11 DEX:13 APP:10 SIZ:9 INT:13 EDU:17
HP:9 MP:10 SAN:55(50)→67 アイデア:65 幸運:50→55 知識:85
db:-1d6


回避:26→29 応急手当:80 隠れる:50 聞き耳:65→66 忍び歩き:40 精神分析:51 図書館:75 目星:55
言いくるめ:65 値切り:35 心理学:55 博物学:50→55


僕/君、貴方、~さん、呼び捨て

■日本人とイギリス人のハーフ。
 生まれはイギリスだが、そのあとすぐ日本で暮らすことになったのでずっと日本で過ごす。
■良い家庭環境で育ったが、元々体が弱く普段は家で大人しく本を読む日々を送ってる。
 学校は体のこともあり、留年したりしつつも頑張って卒業できた。頭は賢い方なので、勉強自体はできる。
■日々の退屈を大好きな本を読むことで紛らわしていたが、読めば読むほど外の世界に憧れる気持ちが大きくなるばかり。
 本に書かれていた場景を一目見たい気持ちと反するように、一向に良くならない自分の身体に嫌気がさしている。
 医者には安静にと言われていたが、このままじゃ駄目だと思い一つの決心をする。
 旅をしよう!!
 (っていう言うほど病弱じゃないしなんだかんだで本人は元気そうである)(そしてあんま旅してない。解散!)
■普段は淡々としていてクール。見た目通り落ち着いているが決めたことには直向き。
 イギリスの血故か、上品で紳士的。しかしたまにポロッと暴言が出るものイギリスの血故かもしれない。
 あまり超常現象などは信じておらず、現実主義な常識人。
■本の虫で貧弱。よく転ぶしよく骨折れそうになってる。でかい本持てるかちょと怪しい。
 体が丈夫じゃないことには勿論だが、年相応な見た目じゃないことに少々不満を抱いている。
 背丈と中性的な容姿が悩み。かっこいいと言われるような大人になりたいと密かに思ってる。
 といいつつ友人の影響か、可愛い柄を取り入れたりとだんだん少女趣味傾向に…果たして念願は叶うのか。
■お酒は飲めないし小食。栄養バランスを上手くとらないとすぐにお腹に来る。
■上にも書いた通り旅行が趣味。色んな景色を楽しんだり現地でのんびりするのが好き。
 しかし案の定、よく旅行先で身体的な問題でトラブる。本人は慣れてるが周りがたまったもんじゃない。
■れもんこと、獅子れもんちゃんとは良いお友達。多分よくお世話になってる病院で知り合ったのかもしれない。

れもん


▼以下後日談・ネタバレ

友人のれもんちゃんと初セッション!

(c:30932)

久々に帰国したらなんか友人が行方不明になっててびっくりジャック。
れもんに振り回されながら一緒に友人二人を探したよ。
そしたらなんとか二人が無事なことが確認出来たけどあれやこれやと話が進んで気付いたら置いてけぼりになったよ。
でも二人が無事ならハッピーエンドだね!無駄に走ったから案外死にかけだよ!生きてジャック!

友人のれもんにはいつも振り回されてるけどなんだかんだで楽しい。でも一緒に走りたくはない。
れもんがやらかす度に取り敢えず言いくるめでなんとかしようとするよ!たまに失敗するよ!

再びれもんちゃんとセッション!

(c:30932)

なんか起きたら目の前が真っ暗だし早速ロール失敗してジャックそのまま寝ちゃったよ。すや。
でも幸いれもんちゃんと一緒だったみたいで、状況を理解してたれもんちゃんに起こされたよ。

それからずっと7連続で失敗引くし開始2回目でファンブって転んだよ。痛い。辛い。幸い骨は折れなかったよ。

そのあとヨタカって鳥に出会うよ。ジャックアイデア失敗したからなんの鳥か分からなかったよ!とりはとりって言ったら怒られました∧( 'Θ' )∧
れもんちゃんには懐いていたけどジャックにはあんまり懐かなかったし何回かつつかれたよ。痛い。
でも次第に打ち解けて仲良く(?)なっていったよ。頭にも乗ってくれたよ!やったねジャック!頭つつかれたよやったね!
KPの誤字からだけど、もふもふをむふむふって打ち間違ってたから地味に鳥のことむふもふと呼んでました。

あと中の人のせいでジャックにラッキースケベさせようとしてたよ!まあ大体ダイス失敗したよ!くそったれ!
とか言ってるけど途中から出た成功は大体スケベしようとしてた時だったね!スケベは出来たね!やったね!
れもんちゃんのおてて触ってお胸にダイブしたよ!ひゃふう!淡々と謝らせちゃったけどね!れもんちゃんとは友達以上恋人未満の関係だった。
ジャックソークールだったよ!スケベとは。ドキドキハプニングとは。次は徹君連れてきます。
とにかくスケベ卓だった。これかスケベするときはスケベダイスって呼ぶことにした。

それから普通に出口から出れたよ!むふもふとはここでお別れしたよ…さよならむふもふ∧( 'Θ' )∧
外は雨振ってたよ!ここがどこだか分からないしやっぱりダイスは失敗するしでもう嫌だよ!
しかたないからドアから出て歩いていたら、いつのまにか自分の部屋でぐっしょり濡れたまま寝てたよ。最悪だね。うえええ

夢かって思ったけど鼻に感じるぶつけたような鈍い痛みと手に残るもふもふ感、そして温かい手、柔らかいお胸の感触、頭に残るつつかれた痛み。
そして視界に広がる暗闇。
夢とは思えないリアルな記憶に、本当に夢だったのかと疑問するけど取り敢えずもう一回寝なおしたよね!おやすみ!

■起きたら全く知らない海辺の近くの小屋!しかも自分が誰だか分からないし何してたのかも分からない!記憶喪失や!
 辺りを見れば無造作に転がる荷物と、それを散らかってる!と必死に拾っている天道さんが!
 天道さんも記憶ないらしいけどバラディアと書かれたティッシュ15個頂いてしまった!?本能が勧誘してる。
 とにかく南の島でバカンスだ!?
■ベットに並べられた日記に惹かれて手に取るよ!ちょっとだけ記憶を取り戻したよ!僕の名前はジャック・フォスター!
 外はいかにも南国といった景色が広がっていた!どこや!とにかくここに居てもしょうがないので扉から出る。
 出るとそこには藤螢と名乗る女性とメイドのナラがいたよ。初めまして!藤さんは僕らの知り合いらしいけど…?
 お腹減ってるかCON*5したら1クリしたよ!!お腹減ってない!!!成長もしない!
■怪しすぎるし自分も記憶ないから誰も信用できないしでーーっ!取り敢えず戻って自分の日記見て記憶戻らないか確認。
 でも人の日記見てるような感じで変な気分。収穫ないのでひとまず部屋出ると、天道さんが地図見てた!
 しかし地図には自分の筆跡があり…?でもSANチェックは成功!取り敢えず洞窟に行こうという事になった。
■お外初めて出たけど日差し強いよ眩しいよーでも過ごせないほどじゃないよージャック安心だね。
 そうして例の洞窟に入るよ。外の光が小さくなってくから、だんだん不安になってくるね。でもSANチェックは成功
 奥へ進むと錆びたナイフが。持ったらまた記憶を取り戻したよ!れもんちゃんのことも思い出したよ!
 天道さんも自分のこと思い出してテンションが高そうだった。案の定めっちゃ勧誘された。善処した。
 ジャックは自分が病弱だったと思い出してちょっとショックだよ。
■戻れば藤くんが!天道さん勧誘しまくってた。断られてた。カイは案外はっちゃけるキャラなんだなとジャックは思った。
 お次は森林。進むと目の前には小さな泉。底には何かぐるぐる巻きにされた宝箱。
 天道さんが真っ先に泳ぎにいったけど少しおぼれてた。背中さすってあげた。
 ジャックも水泳ロールやってみたけど案の定辛くてすぐ上がってしまった。慣れないことはするもんじゃない。
■二人ともヘトヘトになったので、一旦小屋に戻ることにしたよ!小屋には様々な食材が置かれていたよ。
 そして流れで料理対決をすることになってしまった。僕やるなんて言ってないよぉ。やってあげてもいいけども。
 天道さんの提案で、バラディア料理を作ることになったよ。バラディアカレーという名のつまりカレーを作るらしい。
 なんやかんやでバラディアカレーができたよ!お味は…美味しい!そしてナラが作ったスパイシーチキンも美味しい!
 こんな気を緩くして大丈夫なんか!?美味しい!!!
■お腹もいっぱいになったところで!ロープを準備して再び水泳チャレンジ!
 引っ張り上げる力はないので、天道さんがジャックを引き上げる形に。天道さんに細いって言われたよ。く、くそ…!
 沈んで無事に宝箱の元まで行けたよ!持てたけど上に持ち上げられねぇ!まじかよジャック!
 CON*4失敗で良きも続かず…。ワンモアチャレンジしたけどだめだった!ヘトヘトになって木陰で休んだよ。ごろん。
 しばらく休んでたら藤くんがタオル持ってきてくれたよ!ナラお手製レモンティーも貰ったよ!美味しい!すっきり!
 天道さんが引っ張ってくれてるんだ!僕も頑張らなきゃ!ってCON*4したら98ファンしたよ。おぼれた。
 ジャックの脳内で花畑にいる家族やれもんちゃんが見えたよ、待って~僕も混ぜてよ~。
 天道さんが必死になって引っ張ってくれたよ!しかも命かけて宝箱持ってきたよ!命かけすぎだろぉ!
 その後、天道さんの心肺蘇生のおかげでなんとか死なずに済んだ!ヘトヘトになりながら横で宝箱が開けられるのを見る。
 中には一冊の本。ジャック本好きだから見に行っちゃった。そして少し記憶を取り戻したよ。
■海に戻って無意味に波を蹴って遊ぶ。すっかり満喫している気がする!?
 波パシャパシャ蹴ってたら後ろからフハハハ!と太陽を背に笑みを浮かべて立つ天道さんの姿が…こ、こわい。
 そして突然キェェェェッ!と叫んで追いかけてきた!怖い!怖いぞなんだ!?無言で追いかけてきた!?咄嗟に逃げる。
 ゼヒゼヒしながら走るもDEX対抗に負けて転ぶ。砂が守ってくれたので怪我はないけどカイからは守ってくれなかった。
 馬鹿馬鹿ファック!ってギャーギャー騒いで抵抗。天道さんは満足してか突然やめる。カイ…分からないよ…。
■追いかけられ、疲れたのでなんとなく小屋をぐるりと見渡すと、柱に傷があり、それを見てまた記憶を取り戻す。
 やはり藤くんが何か知ってる。そう思って天道さんと一緒に藤くんを探すことに。
 藤くんは裏手の花の丘にいるそうだ。見に行くと一面薄青い花が咲き乱れた広場が。そこで藤くんが黄昏てたよ。
 藤くんは藤くんで思うところがあったらしく、ずっとここに一緒にいてほしかったようだ。ちょっと気持ちは分かる。
 しかしずっとここにはいられない…ってことで帰る方法を教えてもらい、無事に帰りましたとさ。
■目を覚ますと見覚えのあるとこ!藤くんに誘われたマンションの一室!元々プライベートで誘われてたのだ!
 横には天道さん。そして朝食を作ってくれる藤くん!みんないる!!
 みんなで穏やかな時間を過ごして東京に遊びに行ったよ!海辺の空は今日も快晴!きれいな茜色の空が広がっていた!

■報酬
・シナリオクリア:1d4→ +3
SAN58→58→61 心が洗われた