Missing thumbいざやとさんの創作っ子
B5abb228107620e9439a87ff357f6ad2

フリードリヒ・シュピーゲル

「赤い派手な色使いだから吸血鬼に気に入られてるだけだろう」

4636601f7ade67ca447bf2e45b3a76d5

プロフィール

フリガナ
Friedrich Spiegel
登場作品
ストゥルティ-Stulti-
年齢
19
性別
男性
身長
151cm
出身地
帝国(人間界)
一人称
俺 私
二人称
お前 あんた あなた
Medal button
 

吸血鬼の義父に育てられた人間の男性。画家。表情の変化が控えめな青年。
4歳の頃に実の両親を吸血鬼狩りをする人間たちに殺されており、吸血鬼リュシアンに拾われ育てられる。
人間も吸血鬼も魔族も好きではない。
リュシアンの眷属にも同族にもされていない純粋な人間で、リュシアンに憎悪の念があり、「自分を拾い育てた
ことは義父の長い人生の暇つぶしのひとつ」と思っている。シュピーゲル(鏡)という苗字はリュシアンに付けられたもの。
赤という色彩をねじ伏せ使いこなしている絵が吸血鬼たちの評判を買い画家としてのフリードリヒは吸血鬼の間では有名。赤い果物やワインなどの静物画、架空の美しい怪物の絵などを題材にすることが多い、たまに頼まれてもうすぐ亡くなる者の肖像画も描く。
原風景は青い色で、青を使うのが苦手、青の絵をいつか描きたいと思っているが未だ完成せず、習作はすべて人目につかないように焼き捨てている。
巨大なキャンバスに絵を描く際はリュシアンから借りている機械のような使い魔に乗っている。

女性が苦手で若干恐怖症の域にある、原因は子供の頃に吸血鬼の令嬢ミラーカに強引に迫られたから。
体質的に魔法の素養があるわけでもないただの人間で、リュシアンの加護も受けていないので、他の魔族や吸血鬼に目を付けられることを回避するためにリュシアンの印の魔力をこめた家紋入りのネックレスを着けている。
いつか本当の自由を手に入れたいとぼんやり思っているが、実行に移すほどではない。

アンリに絵を惚れこまれ、後にフリードリヒ本人も惚れられて。アンリからのアタックの末に付き合うようになる。
最初は強力な魔族に抵抗しても無駄だという理由から、アンリの行動を受け入れていたが、後に情が移ってアンリの行動を許すようになる。

(魔族化後)
得意魔法属性:光(視覚認識系のみ)
神秘(固有魔法)「私は世界を描く者」:幻覚を見せる魔法

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。