892c22222bd1f4751a4bc301b068c380人潟るけさんの創作っ子
5dd6158198d92d247f6c9e308696e13e

アルカルド・ヴァンピール

吸血鬼一族の生き残り

2c7fdddef90921e0fc82441906b7a85c

プロフィール

登場作品
ユーマ帝國
年齢
16
誕生日
5月26日
性別
身長
160cm
一人称
二人称
お前
Medal button
 
Medal

「俺の一族が…家族が…俺達が一体何したってんだよ…」

【種族】
吸血鬼

【能力】
自身の周りに日光を通さない影を作る事・暗黒魔術を駆使する事

【職業】
無し

【所在地】
怪物の都市

怪物の都市で最も裕福で偉大な一族とされていた「吸血鬼一族」の一人。種族通り人間の血や肉を好む種族なので、人間とは敵対関係にあたる。
種族達全員は攻撃や護身用のための「暗黒魔術」を取得する事が義務となっており、またそれを鍛える事で日光から自身を遮断出来るバリアーのようなものを常時出す事が可能。それがあると例え外が快晴であっても体に何の異常も起きずにいられる。
彼も幼少期の頃からその魔術を特訓されてきたため、その結果一族の中で一番若い吸血鬼にしてはかなりの力の暗黒魔術を駆使出来る存在として、一族からも他のUMAからも関心を寄せている。
しかし性格は基本的に自分勝手で無鉄砲。またどんなに上の人相手でも礼儀を表さずうざいガキのような態度を示すなど、ある意味年相応の一面も多い。魔術の使い方や運動神経の高め方など自身が強くなる方法には一方的に興味を持つものの、興味が無い事には一切関心を示さないなど、なかなかにわがままな少年。
また自身の体調と運動能力を気にするあまり、「人肉と血なんてずっと食べてると栄養が偏るだろう!」という理由で人間の血肉はあまり主食にしなかったり、トマトジュースを毎日のように飲んでたりとあまり吸血鬼らしさは出ていないよく分からん奴。

しかしある時吸血鬼一族が一斉に白狼城の怪人召使い達に拉致される事件が発生し、彼は一族を救おうと召使い達を自身の素早い動きと魔術の力で8割ほどの召使いを叩きのめす事に成功…したものの、自分よりも素早い召使いに隙をつかれ後頭部を強打された事で気を失い、結局拘束され地下牢へと連れられてしまう。
そこで目が覚めた彼が見たものは、処刑された一族達の遺体であった…あまりの光景に声すら出せず絶望する彼であったが、そこに召使いとナフワン王女が地下牢に降りてきた。
「俺も殺されて死ぬんだ…」と彼は思ったが、王女が彼をじっと見た後…

「確かにこの子だけはまだ食べ頃じゃないわ。殺害を一旦見送った判断力は評価するわ、フィローヌ」

◆アルカルドに関連するエピソード◆
https://www.uchinokomato.me/episodes/6913

「……お前は…誰だ?」