8a67e7428efedbc8de4970ced8826973よ~ゐ⸮さんの創作っ子
925566db08897644966633561cea6d1f

「政教分離で訴えてやる 錫たちだって鈍姉の所有権があるんだぞ」

    7e872d2a107858791ce6685197c07672

    プロフィール

    フリガナ
    すず
    登場作品
    トラディション・デカダンス
    年齢
    享年:色彩生命体として2年目
    誕生日
    3月19日
    性別
    ♀︎
    一人称
    二人称
    お前、名前呼び捨て
    Medal button
     

    錫色の色彩生命体。鉛色、鈍色とは血縁関係であり色相の兄弟。
    無彩色ペナルティは「色別感覚なし」「聴覚が弱い」

    ふてぶてしい態度が多い錫はよく音楽をきいていました。
    好きな姉に対しても常に反抗期のような錫ですが、音楽のことを語る時だけはにこやかでまるで別人のようになります。その影響で、鉛色と鈍色も音楽のジャンルやアーティストについては詳しかったようです。
    今でも、鈍色は誰かに曲を勧める時、錫に言われた通りの聞きどころを伝え、曲の良さを伝えていたりします。
    鈍色が政府に買収されてからは、ずっと訴える訴えると唱えていました。大好きなお姉ちゃんである鈍色がいなくなったことで、前より一層ふてぶてしい態度が多くなった錫。よっぽど悲しかったのでしょう。
    そんな錫は好きな音楽を聴くことで、悲しい寂しい思いを埋めていました。

    無彩色ペナルティがまだ発生していなかった錫でしたが、ある日音楽がききにくいことに気づきます。音量が小さいのか?と音量を上げてきいていると、鉛色が何か行っているようです。イヤホンをとってもう一回言ってもらいますが、鉛色の声ですらききにくいのです。
    鉛色は、無彩色ペナルティの「声帯が弱い」が発生していましたが、耳の良かった錫は鉛色の声が小さくなっても余裕で聞き取れていました。それなのに全然きこえない。
    無彩色ペナルティの「聴覚が弱い」が発生したのです。
    大好きな音楽すら聞きづらく、大好きな姉の言葉すら聞き取りづらくなってしまった錫は激しく絶望します。

    白銅色が家に押しかけてきて戸棚を漁っていたとき、ガラス製品がたくさん割れたことで錫は音に気づきます。それほど大きな音じゃないと聞き取れなかったのです。
    染料が飲まれてしまったものの、ガラス製品の奥に染料を隠していたおかげ大きい物音に気づき、倒れた姉と合流でき、一緒に倒れて死ぬのを待っていました。
    鈍色が大きな声で白銅色の容姿をきいてくれたので答えましたが、記憶がリセットされていき、大好きな姉の鈍色のことを「誰?」といい、生命を終わります。


    関係のあるキャラ

    (c:235573) 大好きな姉。やっと会えたのが最期のときで、誰?と言ってしまった
    (c:235585) 大好きな姉。一緒に死ねた。
    (c:235578) 染料を飲んだやつ。誰かは知らないけど兄弟らしい