Cbfa8d5e65979626c8f87af9bde36bd6桐夜 白 - Haku Touya -さんの創作っ子
Missing thumb

シスターレイラ

「まあ!この弾丸を撃ってしまえば死んでしまいますの⁈…では、撃たせないでくださいね♪」「主がお選びになったのです、魔王の娘を聖剣の持ち主に」

    プロフィール

    フルネーム
    レイラ・カレイディルリア
    登場作品
    聖剣使いの乙女は実は魔王の娘だった
    年齢
    17歳
    誕生日
    4月4日
    性別
    女の子
    血液型
    O型
    身長
    148cm
    出身地
    カレイディル帝国
    一人称
    私(わたくし)
    二人称
    貴方様、貴女様
    Medal button
     

    人間界──西洋五大国、東国、極東国の全七つの国から成る大陸──リ・テラ。
    大陸──リ・テラの北と南を分断するように、端から端まで高くそびえる山脈──ウウィーグツィ・ザハルフア。
    そして大陸の南側に在るのは…、魔族の住む国。

    主人公──エディーリン・アザレリア・フォン・ナナレイアは魔族の国の魔王の実の娘。
    魔族と人間は長く争ってきたが、現魔王は妻と娘を持ったことで長きに渡る歴史を変えようと人間界に最愛の娘に「休戦締約と同盟条約」の話を託して人間界へと送り出す。

    一方人間界では、西洋五大国とその中心地に浮遊する大地──大教会の全ての巫女や神官達が、「聖剣の乙女の目覚め」を神から神託によって聴くことになり、これで魔族と対抗に戦え、劣勢の状況を覆せると沸き立っていた。
    そして西洋五大国会議が始まっていた。

    そんな時、主人公──エディーリンは黒く美しい髪を靡かせて大山脈──ウウィーグツィ・ザハルフアを越えて人間界まで来ていた。
    人間界には西洋五大国の中心地に浮遊する大教会から発せられる結界により、魔族は多くの魔素を奪われ入れなくなっている。
    エディーリンは入り口の兵に、魔王の意思と「休戦締約と同盟条約」を持ってきたことを伝える。
    そして兵達はエディーリンに攻撃態勢を向けつつも、西洋五大国会議が開かれていることもあり、西洋五大国会議場──大聖堂に一部の兵が知らせに走る。

    魔族と人間。
    争い続けてきた歴史。
    歴史を変える「休戦締約と同盟条約」と「聖剣の乙女の目覚め」。
    主人公──エディーリンが見て体験するこれからの歴史…。

    全ては、運命に彩られて音は旋律となり流れる…。

    作品「聖剣使いの乙女は実は魔王の娘だった」。

    エディーリンは知る。
    聖剣の秘密、聖剣に宿る力、聖剣に選ばれた理由と、込められた…切なる願いを──。


    レイラ・カレイディルリア - -

    たおやかで淑やかな教会のシスター。
    ある日神様のお告げを聴く。

    その後、 (c:234556) の娘として人間界に差し出された勇ましい少女── エディーリン と出会う。
    エディーリン とは悩みを聴く内に仲良くなる。

    エディーリン との出会いは、シスターとしてエンテイラー国の教会魔法学園で、学園内の教会で祈りを捧げていた時に出会った。
    神々の名前は異なれど、特徴の近い神々が魔族側にも居ることや、 エディーリン の心の内を聴いて仲良くなった。
    もともと差別する性格でもなく、 エディーリン に何処か、亡き姉の姿を重ねてしまった。

    レイラにはアリスという名前の姉が居た。
    いつも堂々としていたが、心を許せる者達の前では弱音をさらけ出してくれた。
    そんなところが重なったのだ。

    以来、 エディーリン とは親友に。

    父、母、兄

    大切な人を失うこと。

    世界が平和であるように祈り続けること。

    エディーリン が、「人間との休戦締約と同盟条約、反対派魔族」が攻めて来た時、魔法でガトリング砲を出してレイラに渡した。
    レイラはソノ討ち心地にたまらなく気に入ったらしい…。

    魔族と人間に差別が起きることが劣等感に繋がっている。
    本当なら分かり合えるはずなのに…、と。
    エディーリン と出会ってからは、特にソノ想いが強くなった。

    大人しいシスターかと想ったら、服の下に剣を隠していたり体術が出来たりする。
    本人曰く、護身術らしい。

    一度少年の恰好をして自由に外を出歩いてみたり授業を受けてみたいと言う。

    口元に手を当て笑うところ。

    「まぁまぁ私ったら」
    「主は全ての者に平等ですわ」

    シスターの鏡

    平和、西洋五大国、 エディーリン ディプスクロス

    争いと差別

    実はカレイディル帝国の第三皇女殿下。
    今はエンテイラー国の教会魔法学園に派遣されている大教会所属シスターだが、シスターにも休みは在り、長期休みは実家の城に帰っている。
    学園が夏休みの時、何かあったら訪ねてきてください、と住所のメモを渡した。
    そしてとある件で エディーリン が尋ねたら、ただのシスターではなくお姫様ということが発覚した。
    エディーリン 曰く、「なんで言わないのよ!レイラー!」となったらしい。

    エディー ! このガトリング砲は頂いてもよろしいでしょうか⁈」

    「主は望んでいます。 コノ大陸──リ・テラの…、魔族と人間の平和を」

    「では魔族のお姫様! 今日から私は貴女様のことを エディー と呼びますわ、今日からお友達です!」

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。