017ecded221939e29e0bbf4d86e898a1Lion*さんの創作っ子
034310bc04d0a66c6972bd900b8b8b7a

リウシン

ほらほら元気出して! 気楽にいこーよ、気楽にサ! 生きてればイイことあるって、ねッ?

Dbe3a948734af486130a3718bf4597ae

プロフィール

登場作品
新世界のアリス
年齢
26歳
誕生日
6月30日
性別
身長
178㎝
体重
61㎏
一人称
二人称
君、あんた
Medal button
 

「アイヤー、なるほどネ~。……俺ってばそんなに怪しいかな~?」
「過去なんかどうでもイイよ。だって大事なのはこれからジャン?」
「曲芸師じゃないヨ。傭兵! 皆を助けてお金もらって万々歳ってカンジのヤツだよ」
「おっ、ベタな展開キライじゃないヨ♪」
「アリス……ガワ……? じゃあアリス君でいいよネ、ネッ!」
「ま、これから先もなんとか笑えて生きてければ、それでいーんじゃなーい?」
「俺の顔はあまり見ない方がいいよ。……気分のいいものじゃないし」

性格:天真爛漫でおしゃべり。ケラケラ笑って明るく楽天的な考えで行動する。戦う事が好きで、常に楽しそうに行動する
クラス:マーシナリー
種族:竜人族(ドラパルト)
好き:お菓子、しゃべる事、楽しい事、笑顔、戦闘
苦手:鏡、笑えない事、悲しみ
利き手:右手
装備武器:変形大型銃剣「プレジール・ナルズ」
キャラクターコンセプト:お気楽明るく楽しい曲芸師
モチーフ:オペラ座の怪人 ファントム
脳内CV:古川登志夫

成り行きでアリス達に同行することとなった流浪の傭兵。
やたらとテンションが高く、さらに声も大きいため、何かとやかましい。
何事も軽く流したり言ったりするため、重要な事もさりげなーく口にしてしまう事が多い。
抜けているように見えて、かなりの切れ者で、時折真理をつく発言もさりげなく。
おしゃべりだが自分の出生などを口にせず、かなり用心深い。

武器である銃剣は、銃モード、剣モードと、臨機応変に変形させることができる。
その戦う姿はまるで曲芸師。
扱いにくい武器ではあるが、リウシンは手足のように使いこなす。

顔の右部分を他人に見られる事を嫌う。
見られそうになると誤魔化したり、声のトーンを下げて威嚇したりする。
ついでに鏡を見ることも嫌がる。

本名:エリック・ワンダーレラッド

ワンダーレラッド不思戯王国女王の子供。王国がティラによって陥落した後、孤児として施設に拾われて生き延びていた。
10年前、ローズライト神導王国を揺るがした連続殺人事件を引き起こした殺人犯でもある。
幼い頃から母からも孤児院の皆からも愛される事を知らず、施設の大人に顔半分を焼かれた。
その時、何かが切れて施設の大人や子供を無差別に惨殺。それが事の発端である。
若い女性を狙い、攫っては残忍な方法で殺していく。
ある日、ティラ・ローズライトを狙い、いつもの様に攫おうとした。
だが、それ自体がエリックを捕える罠であり、エリックは逆に捕えられてしまった。
捕らえられたエリックはティラの指示により、身体に意思を封じる術式を刻まれてしまう。
意思を封じられた彼は、ティラの命令に従うだけの人形と化した。
「リウシン」という偽名も、その時にもらったもの。

最初は術式による封印で他者の言葉以外を理解することなく、彼自身も全て虚無に感じていた。
その後、だんだん術式の効果が切れていくにつれて、人々の笑顔を認識するようになる。
ある人物との出会いで「他人を傷つける事は、自分をも傷つけてしまう」と教わり、
その人物が死亡した事で、リウシンの心は揺れ動く。
怒りや憎しみは決して人を幸せにしない。
だけど「笑顔は人を幸せにする」と感じるようになり、他人がどうしたら笑ってくれるのかと考え、
結果、術式の効果は未だに残っているものの、人々を笑顔にする為に旅に出た。
ティラもその事を知っており、ティラからは「自分を王国側の人間だと他人に悟らせるな」と命じられている。
その為、自分の事はあまり話さず、他人の話ばかり聞きたがる。

現在は自身のやりたい事をやりたいだけやり尽くすと心に決めて各地を放浪している。
常に浮かべる笑顔は他者に好印象を与えるための仮面であり、その裏側では常に警戒心を持っている。

自分の顔の火傷にひどくコンプレックスを持っており、鏡すらも見たくない様子。
醜く歪んだ顔を見て、心から自分を好いてくれる人間はいないと思い込んでいる為。
事実、過去に彼の顔を見てしまった者は、彼に対し「醜い」「化け物」などという言葉を投げつけた。
それでも、リウシンは仮面さえ被れば皆好意を向けてくれる。と笑みを浮かべる。
過去の清算や贖罪とかじゃない、過去に他人から笑顔を奪う真似をしてしまった――
そんな自分が傷つけられても、他人を傷つけていい理由にはならない。そう信じて。

コメント

コメントするにはログインが必要です。