E177330e28f86f45651faebf814dee61

ブラック・スライム(オス)

E177330e28f86f45651faebf814dee61

プロフィール

フルネーム
ジンロウクロスライム
登場作品
筋スラ男子の世界
性別
雌雄異体
Medal button
 

【管理者による分類】
スライム門・単成綱・人獣目・ヒトオオカミ科・ブラック属

【生態】
人型と人面獣型の2つの姿を行き来するスライム。
主にサテトラ疎林・全域に生息する。

非常に強い繋がりと統率力で結ばれる群れをつくる。
異常個体(長髪個体、色彩異常個体、巨象個体など)は群れに加わることができないことが多い。

肉食性で、大型動物などを主に狩る。
特にドラゴンを狩ることのできる貴重な存在で、ドラゴンの個体数削減に役立っていると思われる。
しかし空腹になると人間の集落を襲うこともある。
その圧倒的な強さと、雪に映える黒色の体から神格化されることも多い。

繁殖期になると、地中に群れで暮らしているメスたちにアピールするためスタンピング(地面を足で打ち鳴らす)をする。
それを聞いて地中から上がってきたメスの群れと交尾する。
子どもはメスが育て、オスは一切関与しない。

【サテトラ疎林の国】
かつてサテトラ疎林・西方にあったとされる国。すでに亡国。

集落が集まって国になった。
そこで人々は暖房道具をつくり、野山の動物をどんどん狩り、木材を切り出しのびのびと暮らしていたらしい。

しかし、ある日の晩。
遠方の山の方から、それに匹敵するほど大きな黒い蛇が這ってくるのを見た。
それは実際には蛇ではなく、すべてブラック・スライムのオスであった。

気付いた時には門を突破し国になだれ込み、人々を襲い喰ったという。
そんな最中で人々は「これは天罰に違いない、皆殺される」そう思ったが・・・・。

ブラック・スライムのオスは大勢の人を殺し喰ったが、全員を殺すことはなく帰っていった。
そこで人々は悟ったという。
「彼らはただ腹が空いていただけだ」と。