6d1076af764170bb397db70d9889e65c水萩さんの創作っ子
520a65070d5377e4b0334ac9e4658601

富士稿 かむり

    951608d65fc13c88213df19b62f4ac0b

    プロフィール

    フルネーム
    富士稿 かむり
    フリガナ
    Kamuri Fujikoh
    年齢
    17
    誕生日
    7月6日
    性別
    男性
    血液型
    A型
    身長
    166cm
    体重
    59kg
    一人称
    二人称
    あなた
    Medal button
     

    【lost hope】
    1960年代。商店街が活気づき、人々が忙しなく動き回る街。
    そんな刹芒街に、全国の高校生から才あるものを集め、これを伸ばし、あわよくば秘訣を探るための学園が建てられた。
    刹芒学園と名付けられた五年制の学園。
    その映えある第1期生として招かれた彼らは、突如殺人ゲームへの参加を強制される。


    1. (c:201349)

      はあ、そんなもんですかな

    職業
    豆腐屋。
    豆腐の品質保持をなによりも大切に考え、良質な豆腐を良質なまま食卓にお届けするスペシャリスト。
    この世で一番嫌いな人間は「豆腐の角で頭をぶつけて死ね」と言う奴。
    豆腐を軽んじ豆腐を笑うものは必ず豆腐に泣くのだ。


    容姿
    男性。17歳。
    黄味がかった灰色の個性的なショートヘア、大豆色の猫目、若干白めの肌。
    愛用するハイネック&ノースリーブのニットパーカーはオレンジと白のツートンカラーで、当時としては斬新な服装をしている。
    あとは輸入物のジーンズと、一般的な草履。
    こだわっているのかいないのかよく分からないが、少なくともパーカーはトレンディな母親が60sの新風にインスピレーションを受けデザインしたもののようだ。


    性格
    飄々とした人物。人を食ったような性格。話を真面目に聞けない性分で、「はあ、そんなもんでしょうか」と適当な相槌をうっては会話を強制終了させる。

    1. (c:201349)

      さあ、どうでしょうな。僕は豆腐しか売れませんからね、そのテの話にゃ頭が回らない。そういうあなたは、さぞお詳しいんでしょうな


    好きなもの:豆腐
    嫌いなもの:西洋音楽、能天気
    特技:豆腐を使った創作料理
    趣味:自転車に乗ること
    誕生日:7/6
    血液型:A型
    利き手:右手
    口癖 :「へえ、そんなもんですか」「まあ、そうでしょうな」


    誠実な態度
    "ひたむき""健気""気丈"などの誠実な要素が大嫌いで、どこまでも天邪鬼。人のぼろが出ることを好み、純粋な気質の人間の存在を否定する。


    思い出話

    1. (c:201349)

      そういえば、僕には思い出がないな。というより、思い出せないようだ。それほど大した人生じゃあなかったということでしょうな


    衣服に隠れている首
    首に、犬に与えられるような首輪が巻かれている。
    理由は分からない。好きでもないし、嫌でもない。だから、外そうとも思わない。奇怪な目を向けられても、首をかしげるだけである。

    1. (c:201349)

      おや、なんだい、その顔は。なにかおかしいですかな


    衣服の模様

    1. (c:201349)

      この模様ですか。
      これはヴァイオリンとかギターのような西洋の弦楽器には必ずと言っていいほどある孔ですな。
      なんでも、F字孔、というそうでね。
      まあ、本来のそれとは左右が逆なんですが……。
      さあ、なぜだかまでは、分かりませんな。西洋音楽は僕にはむつかしくてね。


    殺人ゲームに関する話

    1. (c:201349)

      別に、"これ"を終わらせたいとは思わないし、ここから出て行きたいわけでもないね。
      でも、死にたくはないなあ。
      なぜだかまでは、分からないがね。
      まるでこの空っぽな僕に、死んじゃいけないよと、誰かが言ってるみたいだ


    本名はカイトウ タイガ
    本来は闊達で純真、いやみっぽさがなく、非常に器用だった高校生。弦楽器に魅了され、ヴァイオリン職人を目指していたが、事故で利き腕である左腕の腱を負傷しその夢を断念した。
    しかし、持ち前の明るさから、夢破れても平気なふりをし、「気丈な自分」の人格を被っていた。

    刹芒学園、及び殺人ゲームのために作られた人格「富士稿 かむり」は、奇しくも本来の彼を全否定するようなものとなった。

    1. (c:201349)

      僕も僕として、ちゃんと生きられればよかったんですがね。どうもそれは、無理な話らしい