Missing thumb猫宮噂@鬼滅専用死神さんの創作っ子
19bf1235c05c64c12f79b917461553a8

有栖川光希

毒舌文学狂

    19bf1235c05c64c12f79b917461553a8

    プロフィール

    フルネーム
    有栖川光希
    フリガナ
    ありすがわ-みつき
    登場作品
    迷宮アリスシリーズ
    年齢
    26歳
    誕生日
    10月4日
    性別
    女性
    血液型
    A
    身長
    172㎝
    体重
    66.3
    出身地
    東京都
    一人称
    二人称
    あなた
    Medal button
     

    趣味
     読書、映画鑑賞

    特技
     英会話、利き珈琲、サバット

    好きな物
     インスタント珈琲、フルーツケーキ
     先輩からプレゼントされたピアス、本全般、赤色、緑色

    嫌いな物
     アルコール飲料
     グロテスクなもの、人の話を聞かない人間、黒

    有栖川光希について
     東都大学人文学部に在学する大学院生。本をこよなく愛しており、文字があれば内容を問わず読破し、また各国で出版された本を原文で読みたいという欲求から様々な国の言語を学ぶほどの『文学狂』。読み書きだけならば数ヶ国語を扱えるが、特に高校時代にアメリカ留学をしていた経験から英語が堪能であり感情が高ぶると口汚いスラングも飛び出る。
     アメリカ留学中に麻薬シンジケートの取引に関わる殺人事件に巻き込まれ、其処からFBIの面々と交流を持った。特に赤井秀一を含むジェームズ班とは親しい間柄にある。またその事件の際に額に怪我を負い、その傷跡が今も残っている。
     明るく染められた茶色の髪を束ねてアップにしており、額の傷を隠すために前髪は左側へと流している。また、顰め面をしていることが多い為誤解されがちだが、大きな目に緩く垂れた一重、鼻や口は小振りで形の整った眉など可愛い系の顔立ちをしている。かなり近眼であり、眼鏡がないと何も見えない。愛用している眼鏡はシルバーのメタルフレームのスクエアグラス。
     落ち着いた雰囲気の服装を好み、自身の好きな赤色のアイテムをよく購入する。靴はコンバットブーツの類を愛用しており、有事の際は蹴り技で対応。また、前髪に隠れて見辛いが、高校時代に卒業祝いに赤井から貰ったグリーンの石の付いたピアスを着用している。
     珈琲党。スターバックスなどの大衆喫茶の珈琲を愛飲しており、タンブラーを傍らに作業をすることが多い。自身の好みは安いインスタント珈琲だが、来客用の少しいい豆も自宅に常備している。一方で料理が大の苦手。レシピを見乍らなんとか自分が食べるものが作れる程度の腕前であり、お菓子作りなども下手。
     基本的には事なかれ主義で自己主張が少なく、大人しく見える。が、その実内面は苛烈で短気。拘りが強く気難しさを感じることもあるが、一方で自身と親しい人間が傷つくことを恐れる情に厚い面も。甘え下手であり天邪鬼。好意を素直に示せない。
     器用な性質であり、何事でもやらせればそれなりに対応ができる万能型。但し、平均より上程度までしか出来ないという難点もある。一方で思考労働に関しては一級品であり、状況証拠から事件の概要の推察などを行う事は得意。この性質に目を付けた赤井によって捜査の基本などを叩きこまれている。
     様々な事件に巻き込まれてきた経験から、護身術としてサバットを収めている。

    赤井秀一との関係
     有栖川がアメリカに留学していた際に巻き込まれた事件を捜査していた捜査官であり、恩人。有栖川は「先輩」と呼ぶが読み書きは出来たが英語の会話が出来なかった有栖川に英会話を教えた関係上、正確には師弟関係に近い間柄。
     自身の命の恩人であり、また英会話の師であるという認識はあるものの、有栖川の捜査能力に目を付けた赤井が彼女をあらゆる事件に巻き込んできた為に少しばかり扱いは雑。
     一方で、有栖川の持つ夢を初めて肯定的に受け止めた相手である赤井に対して、有栖川自身も無意識下でかなり信頼し好意を持っている。それ故に赤井の身に危機が迫ると平静を保てなくなることも。(安室が変装した火傷跡のある赤井を見た際には動揺して体調不良になった)
     本人にその認識はないが、有栖川にとって赤井は初恋の相手でもある。

     また、赤井も有栖川の事を気に入っており、苗字から取った「アリス」という渾名を付けて呼んでいる。
     元々は有栖川の持つ捜査能力に目を付けて自身の弟子として可愛がっていたが、親しい付き合いを続けるうちに彼女に絆されて無自覚ながらも憎からず思っていた。
     自身が有栖川に好意を抱いていると認識したのは沖矢昴が赤井秀一であると追及された場にて。以降はじっくりと、かつ確実に彼女を囲い込むべく手を打っている。

    沖矢昴との関係
     大学院で出会った一つ年上の友人。年上であるから、という理由で「先輩」と呼ぶが、関係性はほぼ対等。
     正体について知らなかった当時は、時折襲い来る妙な既視感に首を捻っていた。この既視感は沖矢側にあまり正体を隠す意図が無かったがゆえのものであり、後に正体を明かされた際は有栖川から嫌味を言われている。
     また、赤井が「沖矢昴」という人物像を設定する際にモデルにした人間が有栖川であり、眼鏡、茶色の髪、敬語などの要素を取り入れている。

    FBI捜査官たちとの関係について
     有栖川がアメリカに留学していた際に巻き込まれた事件を捜査していた捜査官。私生活上でも仲が良く慕っており、アメリカから帰国した後も連絡を取り続ける捜査官もいる。
     特にジョディとは姉妹のような間柄であり、米花百貨店の事件で再会した後には一緒にお茶を飲みに行ったり、有栖川に近い沖矢の存在に警戒をしたりなど、庇護意識が強い。有栖川も満更でもなく、珍しく素直に甘えている。