9bfca02297a60b02f30a4018f6eeba4bすまきさんの創作っ子
4015d75671c1008cf7567efca4345a4a

十神十

メッキガバガバ中二全開グラサンリボンのボーイオアガール

44b2a8d981603d364d0c60c950ebdae0

プロフィール

フルネーム
十神十
フリガナ
トカミテン
登場作品
騒乱イバラシティ
年齢
16~17
誕生日
12月14日
性別
不詳
血液型
AB
身長
165cm
体重
50~60kg
一人称
我(われ)
二人称
貴様、お前
Medal button
 

*テストプレイ時のそのままコピペ

 それは数十年前。
 異能を持つ子供を神と祀り上げた宗教団体が在った。
 神はその身に宿す魔眼の力を用いて、
 断罪と称した大量虐殺を実行した。
 宗教団体は後に警察の手で逮捕・解散させられたが、
 神と崇められていた子供は捜査中に行方不明となる。

 人としての生を抹消されて神として扱われ、
 用済みになったら捨てられて、
 絶望からの自害も許されず。

 世界に否定された"神"の行き着いた先は、
 アンジニティだった。

☆ イバラシティでのすがた ☆

十神 十(とかみ てん)
16歳/身長165cm/体重50~60kgあたり

 性別不詳の相良伊橋高校2年2組、民俗文化研究部部員。
 アッシュグレーの髪に、アメジストパープルの瞳。
 中性的な声で女子制服を着ているが女子とは限らない。かといって男子とも限らない。お前の性別はどっちだ。彼でも彼女でもあなたがそうだと思った方を使ってほしい。
化けの皮が剥がれやすいタイプの中二病。

 コンビニや駄菓子屋でお菓子を買い込んでネトゲするのが日課。オタク。仲間内だとすごい調子に乗るが人見知りするタイプで、初対面の人の前だと借りてきたハムスター。変に目を付けられるのは嫌だから目上の人に対しては普通に喋ろうと努力はしているもののちょっとヘン。

異能
【幻想想起-シュヴァルツ・ヒストリエ・デス・ヴィジョン】
 目が合った相手に「己が恥ずかしいと認識している記憶」を思い出させ、さらにその記憶を読み取る。恥の概念がないタイプの人には全然効かない。ヴが2つ入ってるからかっこいい。見たものによっては十神自身にダメージが入る。ドイツ語と英語が混ざってるけどかっこいい。厚いガラスや鏡、ビデオテープ越しには使えない。
記憶を漁る過程で一瞬だけ痺れるような感覚が発生するかもしれない。

【???/異能暴走】
 紫色と赤色の閃光を空間に発生させ、光に触れた相手に特定の記憶を思い出させてそれを読み取る。紫色光は恥の感情、赤色光は恐怖、後悔といった負の感情に紐付く記憶が呼び起こされる。感情が高ぶると発生するようだが、十神はまだこの光を完全に制御できないため若干ダウナー気味になることで発生を抑えている。

ペンギン【シャーベット】
 民俗文化研究部で発掘された卵から生まれたペンギン。
*ペンギンロールは良識の範囲内でならある程度使ってもらって構いません!(頬擦りしたら返してきたとか指を出したら噛まれたとかそういう感じの)

【戦闘スタイル】
HP■■□□□  使用武器:主に糸
力■■■□□  タイプ:スピード重視
速■■■■■
体■■□□□
知■■■■□ ※力を3とした時の相対的な値

 中二が高じて習得した操糸術(そうしじゅつと奴は言う)を主に使う。動機がアレでも技術はかなり高く、3mくらいまでなら指と腕の動きだけでほぼ狙い通りに糸を放ち操作することが可能。5mまで行くとへにょる。理屈じゃない。また、これの副産物として投擲技術も得ている。ナイフ投げかっこいいもんね。
 あと非常にすばしっこい。時代が時代なら忍者になれるレベルだったかもしれない。糸と組み合わせることでトリッキーな動きもできる。移動中に糸を操ってトラップを仕掛けるのもお茶の子さいさい。
 反面、AGI型の宿命、パワーと体力が足りない。十神は相手を拘束させてから魔眼で戦意を削ぐスタイルを好む。意外にも大の大人を拘束できるくらいの力はあったりするが、体力は無い。HPも無い。攻撃を食らったらそれが致命傷になりかねない脆さ。豆腐かな。

※知力補足 テスト勉強はテンでダメだけど頭は…まわ…まわると…いいね…