Missing thumbとっしーさんの創作っ子
143fcade635aaf4f943f475d3852cb12

ブレッド・ベーカリー

「パンには、皆を幸せにする力があるんだ」

    143fcade635aaf4f943f475d3852cb12

    プロフィール

    フルネーム
    Bread-Bakery
    フリガナ
    ブレッド・ベーカリー
    登場作品
    クトゥルフ神話trpg
    性別
    出身地
    イギリス
    一人称
    二人称
    Medal button
     

    ブレッド・ベーカリー
    職業:パン屋
    年齢:24

     
    STR:12
    CON:16
    POW:14
    DEX:15
    APP:10
    SIZ:14
    INT:14
    EDU:13
     
    幸運:70
    アイデア:70
    知識:65
    耐久:15
    MP:14

     
    目星:65
    聞き耳:55
    図書館:55
    回避:45
    制作(パン):85
    機械修理:45
    バイク運転:60
    化学:51
    博物学:40
    歴史:30
    こん棒:65
     
    通過済みシナリオ: 陶酔嚥下ポッピング(KPレス)

     
    赤髪の緑目。バイクに乗ってパン配達をしながら移動していることが多く、『Bakery』のロゴが入ったジャージと手袋を欠かさず身に付けている。

    24歳。イギリス人の父(パンス)と日本人の母(小麦)をもつ、どんな不幸に巻き込まれても無傷で済む幸運児。
    性格はさっぱりしているが、幸せやパン、手に入れてしまったもののことなどになるとひどい執着を見せる。

    パン屋を経営しており、基本朝と昼過ぎはパン製作。それと寝る以外はバイクで配達に出ている。

    昔からパンが好きで、『パンには人を幸せにする力がある』と本気で信じている。そのためかいつも配達用とは別にパンを持っており、馴染みの子供や買ってくれた人へ配っている。

    最近、教会へ寄るようになった。幸せにしたい子がいるとかなんとか。

    彼が日本にいる理由。それはパン作りの師でもある父の死がきっかけだった。

    元々彼の幸運体質は『不幸に合う確率が高いが、それを全て避けられる』というもので、その不幸に他の人を巻き込んでしまった場合も自分だけが無傷になってしまう。ということを幼少期から繰り返し何度も体験してきた。
    その経験が理由で『自分といたら、皆不幸になってしまう』と思うようになってゆく。それが理由で人と深く関わることを恐れている。

    大切な人も、仲良くなった人も皆不幸にあってしまい、病みかけたブレッドを救ったのはパンだった。『君のパンは幸せを運んでくれる』と言ってくれた、馴染みの救護室の先生が自分の目の前で棚の下敷きになりながらも自分を安心させようと笑っていたのを今でも忘れる事ができない。

    どうにか家族が不幸に合わず、実家のパン屋のパンを狂ったように手伝い気を紛らわしていた彼だが23の時に父親が急逝してしまう。これにより、父のパン屋は閉店。ブレッドは気を紛らわす方法を失ってしまう。

    そんな中、日本にいたブレッドの父の弟子がブレッドへ声をかけた。彼はブレッドの体質も知っていて、自分の支店の1つを任せるからパン配達を中心としたパン屋の経営をしてみないかと言ってきたのだ。
    日本にいる間は面倒を見よう。そう言われ、母を不幸に巻き込まないように、自身が壊れないようにするためブレッドは単身日本へやってきた。

    しかし、日本に来てしばらくしてからブレッドの元に届いたのは母親の死の報せだった。

    【関係性】
    マティアス・インフェリチタ(PLれーべさん):不運組。
    周りも含め不運になってしまうマティアスくんとブレッドが一緒にいると不運と幸運が相殺される。
    今まで人と深く仲良くならなかったブレッドにとって、マティアスくんの存在はとても大きい。彼といると、それだけで幸せになれてしまう

    イメソン:『ディストーテッド・アガペー / Lyu:Lyu』
    『あなた / 宇多田ヒカル』

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。