151230 %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3よもぎさんの創作っ子
22c7b85f66b29057d00a953eaa9fd0b5

轍鉄 オペラ

白軍3年 切り込み隊長

0e051dc2ca9f1f7bc7cbda99da9cd7d6

プロフィール

フリガナ
テツガネ オペラ
登場作品
学生戦争
年齢
17
誕生日
3月5日
性別
不明
血液型
A
身長
170cm
体重
51kg
出身地
不明
一人称
二人称
お前、てめえ、あんた
Medal button
 
Medal

「俺はれっきとした男だがこの女の体は好みだ。気に入ってるぜ」
「……ふぅん、いいぜ。今度はきっちり俺を殺してくれよ」
「何だ?お前、この女の顔見知りか?……はは!悪いが今は俺の女でな。これも何かの縁だ!旧友の手でしっかり殺してやるからよ」
「貴方が、お前が、てめえが!俺らにやったことは……医学への貢献ではなく生命への冒涜と蹂躙だ。ざまあみろ!」

「心は、魂は、脳にあるとでもお思いですか」
「私を殺したくらいで、全てを奪った気にならないでくださいましね」

  • 白軍3年 切り込み隊長
  • 艶やかな黒髪 赤色の眼 飄々とした性格
  • 大鎌が武器で、暇さえあれば寝ている
  • イメージCV:沢.城.み.ゆ.きさん
  • 誕生日は3月5日。誕生花の花言葉はリナリア「この恋に気づいて」。
  • イメージカラー:オペラ(#e95388)

「轍鉄」と名乗る少女。大変がさつで好戦的で、非常に女好き。

その正体はとある生体実験の産物。
脳死した黒軍所属だった少女の体に瀕死だった白軍所属の男の脳が移植された結果、なんと適合してしまった。そのため肉体の性別は女性だが、精神は男性である。
このことに関して特に隠してはいないが、正直に白状しても信じてもらえることは少なく、白軍生徒からは裏切り者や潜入者ではないかと訝しまれ、黒軍生徒には気が狂ってしまったと思われている。
前述の誕生日が3月5日というのは移植手術が執り行われた後「轍鉄オペラ」として意識を取り戻した日である。

「オペラ」は体である少女の名前で、「轍鉄」は男の苗字。
少女の意思を尊重しており、今もなお少女のセーラー服を着ている。

彼の目的は生前の少女の恋を成就させること。今も彼女の想い人を探している。
時折少女の人格が表れることも。

樒深 オペラ (みつみ -)

  • 黒軍3年所属の女子生徒
  • 司令塔を務め、使用武器は大鎌
  • 女/17歳/170cm
  • 一人称:私(わたくし)/二人称:貴方、貴方様

おしとやかな物腰でお嬢様口調で話す。
成績は優秀だが、授業を抜け出して本を読むことも。
読書と紅茶が好き。とある人物に片想いをしていた。

ある日想いを寄せていた相手が失踪した。
オペラは司令塔の身でありながら最前線で戦場を駆け回り彼の行方を捜索したが、その甲斐むなしく白軍3年の國光と相討ちとなり脳死状態となってしまう。

今際の際、オペラは独り言のように想いを吐露する。

「私、恋がしたかったわ」
「……想い人?ふふ、貴方には教えてさしあげません。この恋は墓場まで持っていきますの」

その後、実験的にオペラの体に國光の脳が移植された。

脳を除かれてもなお恋心という執念だけで時折「樒深 オペラ」としての意識と人格を取り戻し肉体の主導権を握る。
その際瞳には光が宿り瞳孔が小さくなるほか、胸元のリボンを結い直す。

ちなみに國光と一騎打ちになった際の彼女は長きにわたる想い人の捜索で体力・精神力とともに摩耗しきった状態であり、全快のコンディションであれば彼女が勝っていた。

轍鉄 國光 (てつがね くにみつ)

  • 白軍3年の男子生徒
  • 切り込み隊長を務め、使用武器は斧やメイス
  • 男/18歳/188cm
  • 一人称:俺/二人称:お前、てめえ、あんた

女好きで好戦的、がさつな言動が目立つ。座学の成績は良くないが、頭の回転が早く口が達者である。
好みの女性のストライクゾーンが広く、つれない女性を口説くのが趣味。
樒深 オペラの想い人を探している。

國光は戦場で一人歌を歌う樒深 オペラを目にした。
女好きということもあり國光は早速口説きにかかるが、全く相手にされず敵意むき出しのオペラに刃を向けられそのまま戦闘へともつれこんでしまう。
結果二人は相討ちとなり、オペラは脳死、國光の肉体は瀕死の重体となった。

その後、実験的に國光の脳がオペラの体に移植され、「彼」は意識を取り戻す。

「『オペラ』、良い名前だ。恋に生きる女の名として、なんと相応しいことか」
「この女はよ……自分が今まさに命を落とそうとしてるってのに、最期まで目の前の俺なんざ眼中になくて恋心を抱いている相手のことだけを想ってたんだよ」
「負けたと思ったよ。この女にも、一途な恋心にも」
「殺し殺され合った仲だが……これも何かの縁だ。この際愛だの恋だのに生きるのも悪かねぇ」

実際には二人は相討ちではあったが、轍鉄 國光は樒深 オペラに敗北したことを潔く認めた。
そして歌を歌い恋に生きた女の名前を捨てることができなかった國光は「轍鉄 オペラ」として少女の想いを成就させることを決めたのだった。

移植後の拒絶反応を抑えるために服用している薬の副作用で免疫が落ちているため短命。
現在の彼にとっては傷一つですら致命傷になり得るが、恋心で駆動する体と心は刹那的な生き方を止められない。

ちなみに二人の移植実験を主体的に手引きしたのは白軍3年の神坂。
二度目の生を受けたことに対してはラッキー程度にしか捉えていないものの、自分達の意思を無視して手術を執り行った神坂に対しては「……墓場まで持っていく、ねえ。墓荒らしも少女の恋まで暴くとは野暮なもんだ。院長先生もそうは思わねぇか」とその傲慢さに強い不満を抱いている。

生前の樒深は歌が上手かったが現在の轍鉄 オペラは大変な音痴。

インナーカラーのピンクは実際に染めている訳ではなく、國光の意識がオペラの体にログインしている際の作画上の演出。
樒深 オペラとして意識を保っている際はインナーカラーはなく黒髪として描写される。

生前の樒深オペラの片想いの相手に不死原 六文さん(@Tkb_3OO)。ふじオペ!