Cbfa8d5e65979626c8f87af9bde36bd6桐夜 白 - Haku Touya -さんの創作っ子
F10f40e0f27d403ed000f53585df4359

千咲

「私は生きる。 皆の笑顔を願って──」 「争いなど…、本当は誰も望んではいないんだ。 誰も…、誰も──」

    C6e7ecb70ce8e146930b13fd84a5ea84

    プロフィール

    フリガナ
    チサキ
    登場作品
    月華美刃
    年齢
    17歳
    誕生日
    7月5日
    性別
    身長
    168cm
    出身地
    北朝──常和国
    一人称
    Medal button
     

    和風×サイバーテクノ×中華。
    発展した近未来と和風中華の融合。
     
     
    海に浮かぶ島国──鳥と共に生きる民──《和鳳珠(ワホウシュ)》が住む国が舞台。
    気候は四季の変化に富み、国土の多くは山地と川によって成る。
    交通の便は鳥に乗って行っている。
    川も船よりも水鳥に乗って渡ることが多く、空にも機械の船は飛ぶが大半が鳥に乗って飛ぶ。

    北に穏やかで笑顔豊かな王朝、南には厳格で謎めいた王朝が在り、それぞれに王が()り、島の覇権を巡って争っている。
     
     
    北朝──常和国(トワコク)は、巫女系皇族──和華瑞穂(ワカミズホ)族が統べる国で、祖先の霊やあまねく生命を敬い、信仰する国家。
    時に力を借り、時に語り合い、時に身体を貸し、共に生きて成長していっている。
    主導権は生ある者と死者と半々で暮らしている。
    鳥達と民には魂の繋がりが在り、それぞれがパートナーを自然と見つける。
    民は明るく毎日笑って過ごしている。
    想いやりや相手がどうしたら喜ぶか、などを重んじており、穏やかで朗らかな国である。
    王族は存在し民は敬うが、王族は威張ったりせず民と田植えをしたりなど同じように暮らしているからわりと平等社会。
     
     
    一方南朝──永真漢国(リーツァイ)は、多くが謎に包まれている国家。
    分かっていることは、圧制と高い統率力を誇る軍事国家であること。
    鳥達を使役し、科学により霊などを強制的に操るということ。
    主導権は完全に生ある者が握っており、鳥達とも魂の繋がりよりも主導権は人間に在り、と見ている。
    また、階級制を重んじており、王族が正しく、平民は口答えすれば牢獄行きとなる、など厳格な制度を敷いているようだ。


    千咲 - Chisaki -

    巫女系皇族──和華瑞穂(ワカミズホ)族の皇女殿下。
    皇女でありながら、南朝と前線で戦う女将軍である。
    また同時に、巫女──《常和(トワコ)》の一人である。

    パートナーである鳥は朱色の大きな怪鳥──(ホウ)である。
    御印は百花ノ王──「牡丹」。

    剣技に長け、舞の腕も良い。
    術の扱いに長け、術式を一から創れる程の知識を持っている。
    性格はとても男勝りで、さっぱりとしてサバサバした性格である。
    ソノ気質から、部下や民からの信望も厚く、次期国王の座に最も近い存在と呼ばれている。
    双子の弟── 朧香 ()り、朧香に何かあったら異常な程容赦が無くなる。
    弟のことは「朧香」と呼んでいる。

    島に古来から伝わる伝説の退魔ノ剣──月華美刃を賜る。

    双子の弟──朧香が一番の弱点。
    朧香のこととなると過保護になる。

    民の幸せと、島の統一による恒久的平和。
    またソノ為の善処。
    ソノ為には、厳格な身分制度や抑圧的な政治を行う南朝に国を明け渡すわけにはいかない。
    私がコノ国を護るのだ、と想っている。
     
    民が笑顔である為、民が健やかに過ごせる為、民が己が意志をハッキリと述べられる為に、国内を回ったり諸外国と交流したりしている。
    非常に行動家で、努力家で、賢明な皇女である。

    男らしいがやはり女の子、小さくて可愛いモノが好き。
    実は争いが本当は嫌い。
    でも喧嘩は好き(喧嘩は対等の者としか出来ないから。)で、………意外と口が悪い。実に残念な程に。
    よく「姫様、御口」とか「姫様、ソレはいかがなものかと」とか周囲に突っ込まれるのがコノ人。
    服もたまにチョイスがダサい。
    長い羽織の後ろに漢字で「仁義」とか書いてたりするから、姫だと知らず後ろ姿だけ見た人はヤバイ奴だ…、と勘違いして離れて行く。

    あと、
    実は一人で着替えたり化粧したり身体を洗ったり、という習慣が無いからそういうことは一人では出来ないし勿論料理だって作れない。
    全部御付きの侍女達や部下達が居ないと出来ない。
    ソレ故に、ソレは当たり前のことだ、とは想わないし、いつも周囲に感謝をしている。

    着飾ること。
    男勝りで筋トレとか鍛錬とかをずっとしてきたからか、女の子らしいことをするのに自信がなく、外交とかで正式な衣装を着ないといけなくて侍女達によって着飾られるが……、本人は容姿に自信が持てないし…、必要だとは分かっているが……、うぅ…、といった状態である。

    また、術式や剣術には長けているが、芸や《常和(トワコ)》としての力は弟の朧香の方が強く、ソッチの方面では少し自信が無いらしい。

    あと恋。
    女の子なので女の子らしく 実 は 恋もしているが…、
    ソノ感情に戸惑いコレは不要だと自身を押しとどめている。

    琴と横笛が唯一芸で得意なモノ。
    普段男らしく凛々しいからか、彼女が琴と横笛を用いると美しい青年のように見えることがあるという。

    あと足が速い。
    100m走を7秒で走り抜けるという恐ろしい者である。

    また詩の才能に双子揃って長けており、詩に関しては姉弟揃って、千咲は「恋ノ君」、朧香は「美ノ君」と歌われている。
    彼女の詩は特に女性層から人気が高く、よく皇居に彼女宛に「恋文」が届く。
    そう…、恋文が、届くのだ…。

    実は裁縫だけは唯一出来る女性らしいこと。
    弟の朧香に教えてもらったのと、母に組紐を教えてもらったのでコノ二つだけは得意。
    後は剣技とか武芸になる。

    あと彼女はよく祭りの時に獅子舞の中に入り、獅子舞の中の人として踊る。
    ちなみに民はコレを知らないことがほとんどだから、たまたま中身を見てしまった民は「え?!」となる。
    そう、獅子舞の中の人なのだ。

    自身の髪をわしゃわしゃくしゃくしゃと困った時などかく。

    あと、眼光が鋭いのでたまに…、というか…、まあ相手を無意識に威嚇してしまう。

    「ハッ!」(鼻で笑う)
    「あ~、もうっ!」

    炎華ノ雷獣(エンカノライジュウ)
    勇ましく、気高く、美しく、そしてとても強い女将軍──千咲姫に付けられたあだ名はまさにソレだった。
    将軍という名に恥じぬどころか、ソレが相応しい、もしくはそれだけでは足りない程、彼女は力強く誇り高かった。

    筋肉、筋トレ、鍛錬、勝負、喧嘩。
    特に喧嘩は、対等の者としか出来ないから好きなようだ。

    朧香の双子の姉であることは変わらないが、かつて朧香が南朝に差し向けられた霊魂に取りつかれ自殺しかけたことから、朧香に対して異常なまでの過保護を見せる。
    朧香を国内で自由に行動させることには賛成だが、南朝との国境には絶対に行かせないようにしているし、朧香の身の回りには常に自身の忠実な部下である親衛隊──《千華隊(センカタイ)》をつけさせている。

    「見ろ朧香、とても綺麗だろう?
    コレが私達の生まれた国だ。
    …とても、誇らしいよ」

    「んだコルァー!!
    上等だッ!!
    かかってきなッ!
    ソノ喧嘩買ってやるァ!!」

    「…世界から、争いが無くなれば良いのにと、…そう想って、私は王となる」

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      F10f40e0f27d403ed000f53585df4359

      …っ?!?
      な、なん…っ!
      そそそんなこと聴いたって仕方ないだろう!
      それよりも私は国を護る為に武芸に励む!!
      色恋事に現は抜かしてられないんだ。