Missing thumbかわさんの創作っ子
3e439d93069f8c2bef00403b81d8628e

左近

    035254ad3e8229036fcaa587aa274d28

    プロフィール

    フリガナ
    さこん
    年齢
    37
    性別
    身長
    184
    一人称
    二人称
    お前 名前
    Medal button
     

    問屋・十全(じゅうぜん)薬などを扱う問屋の店主
    きまぐれな性格 昼寝をよくする
    様々な効能の薬を取り扱っているが、それはあくまで表向きの顔で裏では怪しいオクスリ(意味深)を取り扱っており独自のルートで調達したものを言い値で高く売りつけているちょっと悪いおじさん。
    薬を取り扱ってる為か体調や症状に合わせて薬を処方するのは得意。医者ではないけどそれなりに医学的な知識は持ち合わせている。
    上客は上記の怪しいオクスリを購入するとか病気の克服の為に服用したりしてるとか事情は様々であるが本人が贔屓している人に対しては上客になれる
    お金に飢えてる訳ではないが稼ぐことには貪欲
    表向きのお店は薬の価格は良心的
    羽扇は人相の悪い顔を隠す為でもあるが、まあ所詮飾りである
    「お待たせしました。どうぞこちらへ」
    「ふむ。質の良い薬じゃないか…悪くない」
    「無気力に生きるより目標に向かって努力している人には好感が持てる。俺の目標?言ってしまうと叶わなくなるかもしれないから秘密だな」

    とりさん宅京介さんとは喉の薬を買いに問屋に訪れた事で出会った。
    かけだしのバンドボーカルの京介さんに誘われるがままにライブを観に行く事になり、その熱い歌声とバンドへの情熱に久しぶりに胸を揺さぶられ、自分の店の持ちようを考えるように。