2d78584df99b7e81e1135c29d6450afcさよ(すべりよ)さんの創作っ子
9b5589c556493ff423eb86940c719217

真白

歩かされた狂気

A01e150d7d42f582e8aa9383bfaa1767

プロフィール

フルネーム
日本では道下真白(みつしたましろ)、本名はマシロ・ビーテル
フリガナ
ましろ
登場作品
フギヒロメ、Psyde
年齢
24
誕生日
3月14日
性別
血液型
B型
身長
160cm
出身地
アメリカ(カリフォルニア州サンタクルーズ)
一人称
僕、ぼく
二人称
きみ、たまにテメー
Medal button
 

「ありがと!やっぱそうなんだね!」「殺した子の顔と名前なんてイチイチ覚えてないよ」

「真白」とは漫画フギヒロメ、Psydeに登場する人物。


  • 概要

【凶器】 短剣(2018年以降デザインが変更された)
【凶器のランク】7番目の凶器。つまり一番弱い
【付加能力】 絶 好(マーダラー)(Psyde)

【好きなもの】うさぎぬいぐるみと一緒に寝ること、音楽を聴くこと
【嫌いなもの】ママ、ゴキブリ
【よくやる妄想】ルイスとえっちなこと。

(c:186294) の実の兄にして連続誘拐殺人犯。

初登場はフギヒロメ第1話であり、主人公である神父よりも先に登場した。
ダーザインの計らいにより、高校2年生という事で
学校へ通っているが、24歳である

17歳の時に、母親を目を背けたくなるような方法で
殺害し、肉を食べたあと弟であるルイスを監禁した。

ルイスへの愛情をこじらせたせいで、ルイスが失踪した後も弟と似た黒髪の男児を殺すようになる。
誘拐した男児に対し、いきなり服を脱げと強要するなど、かなりやばい所まで踏み込んでいる。

基本的にターゲットは黒髪だが、
例外もありコミティアで頒布した本では茶髪の幼女も殺害している。

また主役である第5話では、三つ編みの少女を公園のトイレでレイプした上に殺し
「全然ルイスに似てないし何で殺したんだっけ?」と酷いセリフを吐いた

うさぎが大好きで、うさぎグッズが部屋に大量にある。本物のうさぎも飼ってみたいが同居人であるレナに止められている。
母親が褒めた為16歳の時ギターを始めたが、
現在は部屋の片隅に放置されている。(逆に言うとまだ未練があるのだが)

  • 容姿

名前通りの白い髪と、決して綺麗とは言えない、
濁ったような黄土色の目をしている。
学校では「可愛い」と女子から好評な様子。

丸いタレ目だがキレると別人みたいな表情になる事も。同じく神父もキレると別人のようになるので
兄弟揃ってと言った所。
あまり眠れていないため、
目の下のクマが神父よりも酷い。

フギヒロメでは学ラン風の服だったが、Psydeでは
グリーンを基調とした、高校生らしい制服にデザインが変わっている。

  • 性格

自分が間違っていないコトだけする

よって同居人のレナへの辛辣な態度や殺人癖など、自分が間違っていると思った事は無い。
「ペット」に人間を選ぶなど、思いついたら即実行。
普段は「ぼく」「~だよぉ」「ふええ><」と言った口調だが、本性が出ると

「汚ねー犬 触っちまったな」
「フラれた直後の女子高生かテメーは」
「おもしれー事になってきたじゃん」

など神父同様、かなり言葉遣いが荒くなる。

ルイスと同じくらい母親への執着があり、「お母さん」「ママ」という単語が大嫌い。

その気になればウソ泣きが出来る程度には演技力があり、5話での改心しかけたかのような言動も
「あーあれ演技」で済ませた。

また、殺した被害者を覚えていないのかレナに問われると、「オナニーのオカズなんてイチイチ覚えてない」と答えた。

  • 作中での行動

ネタバレになる為Psyde本編での活躍(?)は控える。

フギヒロメ

第1話 「誘拐依存」に登場。フギヒロメの記念すべき第1話だが、いきなり殺している。
   男児をお菓子やジュースで釣ったり、ルイスへの意味不明な独り言など情緒不安定な様子が目立った。

第2話 「情誓の夜」ではラストに少し登場したのみ。神父さんが真白に似た雰囲気を持っている、と話すクラスメイトの好華に
   「こんど会わせてね」とフラグを立てた(…が、8話現在で神父との接触無し)

第6話 「奇空のトリコ」ではクラスメイトの好華らとキースの犯行の話をしていた。
    もっとアカン事してるくせに「ちょっと怖いかな;;」と心配する様子を見せる。
   遺体は内臓が消えている、と不思議がる好華に「持って帰って食べちゃったんだよ!」と話しドン引きさせた。
   神父の回想(悪夢)では、エプロン姿で神父にママの目玉入りハンバーグを食べさせていた。

第7話 「僕のペット」に登場。何気に真白が主役の話はこれで2回目である。

    公園で幼女をレイプしておきながら勝手に幼女の将来を悲観し始め殺害に至る。
    その日の夕方、ナイフでダンゴムシをグチャグチャにして遊んでいた所へ公園で出会った好華にペットの犬を自慢される。

    自分も何かペットを…と思い、レナが持って帰ってきたエッチなチラシで見つけた黒髪の少女に目を付ける。
    その後、犬として調教、監禁して楽しんでいたが、少女を飼っている事が同居人のレナに見つかってしまう。
    少女に興味を持っているレナを面白がり、少女への暴行は止めたかのように思えたが…

    当然、お決まりの演技であり、
    レナがとある理由で落ち込んで帰ってきた所へ少女を殺害し、色々とトドメを刺した。
    (そしてやはり肉は食べていた)
   この時ダーザインから
   顔面にグーパンの制裁を食らう。

本(同人誌)
「お幸せに」「誘拐依存犯」の2冊に登場。
 2作とも少年少女を殺しており、異常な性格が更に露呈した。
「お幸せに」では間接的に神父と対立する形になった。

神父により騙られた過去はデタラメであり、
実際の真白の両親は、明らかに異質な子だった真白を
理解せず、嫌った。しかし笑顔で手を差し伸べたのが弟の神父(ルイス・ビーテル)だった。

ルイス「ママはお兄さんの事を見てないんだ」「だからお兄さんも無理してママを見なくていいんだよ」

「これからは僕を見てよ!」

笑顔でうさぎの縫いぐるみをくれた弟。
以降は真白はルイスに過剰な好意を抱くようになり、それが事件のきっかけの一つでもあった。

ある日、ルイスは17歳になった真白の犯行により「ママ」を失う。

ルイスにとっては「突然の出来事」だったが、
実際の真白は幼い頃から異常であり、誰からも受け入れてもらえず、
弟ばかりを可愛がる母親からの無関心、父からの暴力、学校でのイジメ、そしてトドメとなった日本で受けた誘拐、レイプなどが度重なった結果であった。

最期は涙を流しながら必死に自分の想いをルイスに伝えたが、
ルイスから返ってきた反応は、かつて自分を傷つけてきた母親と同じ「拒絶」だった。

  • 余談

■初期は黒髪だった。
■フギヒロメ界で屈指のクズである為、5話の連載中はコメント欄が荒れた。
■しかしそんな所が好きというどうかしてる 有難い読者も中には存在する。
■ワロスラジオでは「真白という長髪の男が~」と紹介された。