D03fb76997031cc8c79485053de8dee0___さんの創作っ子
101222 in the circles %28brian for icon%29

Brian (ブライアン)

不壊の意志と希望への風

F3973b6cf23070034078e5ab30ae828d

プロフィール

フルネーム
Brian Lioh Straiveigl
フリガナ
ブライアン=リオ・ストライヴェイル
登場作品
ジェネ・マインディア
年齢
2022-32歳
誕生日
1990.04.01
性別
男性
出身地
ベル・セザンヌ・エリア / マインディア
Medal button
 

〇主武器
剣「ドラフトクイン」;フォースギーク

〇副武器
基本未使用

〇BBS
 ①アルメン・ヘダー
 ②ロード・リター
 ③ティザー・シルバー
 ④カルミーティア(♂)

〇戦法
ジェネ超高麗タイプ(ルダールメント)
Crown:One-way Blue

〇主流

Must…インディア・クラウン
Special…ブライアン・クレイン
L.I.…インディア・プシュケ

〇サブ
恨歌,エスパー,夢(アクティリュネ),原子,悪

〇言語
 ◎正インセル語
 ○バルビード語,標準アンメリー
 △イヤー太陽

〇初登場
2005.03.31 (14)

〇家系
父…ジャン=エルシエ・ストライヴェイル
母…ルレイン・ベール
姉…インター・マヤ / マヤ‐ロージア・ストライヴェイル
妻…トゥインクル / リサ=サビーネ・エアー
娘…ルナティック / ルノア=リタ・エアー
息子…スパークリング / ルカ=パーリオ・エアー

 


 
 
…風能力の聖剣士であるジェネ夢神。マインディアで"新体制"、"革新派"と呼ばれるチームの中枢をなす。

現場系のマインディア神の中では最も権限がある。複数の神々で組織されるパーティのリーダーの中では最も若く、また現存する記録の中では最年少で就任した。パーティの規模はまだ大きくないが幅広い背景を持つ若年層が多いのが特徴。現に彼の正妻がレグのアピレメン天使であることからも窺える。個を大切にするが結束力も強く、若いパーティらしいスピードと勢いがある。その一番の象徴が"抜き打ち○○"。来客を迎えた当日に急遽行うことの多い歓迎会をはじめ、思い付きだけで物事を決定しがちに見える。しかしこれで大コケしたことがないのが彼の情報分析力。日頃から現場の末端からも情報を集め、実行すべきか否かを計算している。

直系の夢神系譜の出身。ジェネの各惑星を定期巡回し、夢を忘れた人々へ、姉と共に夢リラクゼーション、そして対闇治安の維持を行っていた。異空間の存在を知ってからはその突破方法を練っていたが、異空間否定派の父に見つかる。一時は神力の停止、行動制限を設けられた。だが異空間突破に肯定的な神がいたこと、姉が失踪したことが重なり、異空間への扉を開いてもらい彼は怪盗として細々とリサーチをした。姉の救出後も帰郷せず、自分が神の子の身分であることを明かして活動を続けた。ジェネで得た協力者やレグで知り合った戦友を巻き込み、両空間の交流回復、そして対闇問題の解消に努めた。自らがトラブルメーカーになることもあったが、着実に両空間の関係が修復していることに手応えを感じた。彼の実績に降参した父に呼び戻され2007年からはマインディアを拠点とし、以後は父の持つ権限を徐々に引き継いだ。正式な夢神として"新体制"を発足させてからは、レグとの交流だけでなく、ホームスペース、とりわけ惑星守護神との関係強化に乗り出した。多少の離脱者は出たものの概ね成功と言える結果を残し、現在も維持している。そしてそれは悪質な組織の権力低下にもつながった。一方で個個人が持つ悪心により発生する歪みには対応できていないところがあり、今後の課題である。彼自身が最前線で効力を発揮することは少なくなり、使者を送り込む。だが両空間の各惑星を定期的に視察することは欠かさず行う。特に正妻リサのいるアピレメンとは特別提携を結んでおり、有事の際は二者を中心に対処することとしている。そんな"行動力の塊"も今は二児の父。2014年に生まれた娘と2019年に生まれた息子にデレデレだ。

強引で衝動的で大人気ないところが目立つ場面もあるが、革新を追求する神らしく、大変前向きでチャレンジ精神が旺盛。笑顔を忘れず、迅速さと行動力で勝負する。人望に厚い上、人をまとめ上げて速攻動かしてしまえるリーダーシップがある。有言実行を貫く心構えは、自分にプレッシャーを与え、リマインドするため。定期?開催の"抜き打ちパーティー"は、自分がわいわいしたいためだが、個人の性質を見抜く目的もある。もたもたしていたり彼に背徳したりする人は容赦なく切るが、多くは先方から勝手に離脱してくれ、彼の行いを批判する。だがそれも彼にとっては養分に過ぎない。最もダメージなのは、彼が仕掛けた物事がリサにウケないこと。生死に関わる挫折を経ながらも前向きに彼を奮い立たせて共に笑ってくれるこの女性を、彼は一番尊敬している。
('19.02.14)

 
~Relatives~
(c:17824)
(c:17804)
(c:17542)
(c:17550)
(c:20137)
('19.11.21)