Missing thumbたにしいぬさんの創作っ子
B298510d60dbd05d5ee2c1966d24c05e

御室 鴇

うら若き一人なんでも鑑定団

    9d9193f77657e9fc88f0c97acab89085

    プロフィール

    フルネーム
    御室 鴇
    フリガナ
    ミムロ トキ
    登場作品
    クトゥルフ神話TRPG
    年齢
    21→22
    誕生日
    由来:骨董の日(9月25日
    性別
    血液型
    B
    身長
    159cm
    体重
    ひみつ
    出身地
    長野県松本市
    一人称
    二人称
    君/あなた
    Medal button
     

    御室(みむろ) (とき)
    color:#522f60(葡萄色)

    性別:女 年齢:22歳
    身長:159cm
    職業:古物研究科見習いの大学生
    誕生日:9/25(誕生花:ノコンギク)
    花言葉:質素

    SAN:75/96

    STR:15 CON:14 POW:12
    DEX:3 APP:15 SIZ:13
    INT:16 EDU:16
    HP:14 MP:12 db:0
    アイデア:80 幸運:60 知識:80

    ① [信頼のおける人]  
    探索者は自分の家族や友人などの仲間を見捨てたり粗末にしたりせず、
    可能なかぎり助けようとする人間だ。その評判が今後も続く限り、任意のコミュニケーション技能三つに+10
    ② [鋭い洞察力]  
    生き残るすべに長けている。
    優れた感覚の持ち主であるため、目星に+30

    [職業特記]
     古物研究家ベース(2015)
     特記:古物に関する言いくるめと説得に+10のボーナス
     
    [技能]
     職業:EDU*20=320
     Dpt:なし

    https://charasheet.vampire-blood.net/2280634
    ※2019.8.13 更新※
    CCB<=26 【拳銃】
    CCB<=15 【応急手当】
    CCB<=7 【鍵開け】
    CCB<=50 【聞き耳】
    CCB<=55 【精神分析】
    CCB<=80 【図書館】
    CCB<=85 【目星】
    CCB<=50 【言いくるめ】
    CCB<=80 【値切り】
    CCB<=46 【中国語】
    CCB<=60 【英語】
    CCB<=14 【医学】
    CCB<=2 【クトゥルフ神話】
    CCB<=80 【芸術(骨董品)】
    CCB<=19 【考古学】
    CCB<=80 【歴史】

    [永久喪失]
    ① 
    [現在の不定]
    ① 
    //詳細
    //内容

    [持ち物]
    スマホ
    古墳型髪飾り

    //詳細

    [コスト]
     //有無(MP?? 正気度??)
    [効果]
     //詳細
     /基本ルルブ P.XXX

     //詳細 
    [解読]
     研究し理解するために 週間/斜め読みに 時間
     正気度1d?? 神話技能+??%
    [呪文]
     《書籍呪文名》通称呪文名
     /キーパーコンパニオン P.XX
     /マレウス・モンストロルム P.XXX

    ==============================
    「いい仕事ですね」
    「ヒに十、それに鳥。ヒトと書くけれど人にはあらず、ただの鳥。そういう意味の名前です」
    一人なんでも鑑定団。長野県松本市出身。
    転生前は秋って名前だったんだけど、諸事情により秋はときとも読むよね!と改名させられた。
    日本一美術館の多い長野で生まれ育ち、子供のころからなんでも鑑定団を見て育つ。
    大学進学を期に都会に出てきた。今は骨董屋でバイトしながら鑑定士としての研鑽を積んでいる。
    自分がまともな人間かどうか考えたこともないくらい「まとも」な人間。
    どこでもすぐまったりする。お茶が好きでよく飲む。
    一人暮らし中。料理はできない。めちゃくちゃ不器用ですぐ皿を割る。
    むしろ皿をわるのが得意なのでは?左利き(現在は左手が動かないため、右利きへと矯正中)
    誰にでも敬語を使うが、決して敬っているわけではなくトラブル回避のため。
    全く気を使わなくていい友達には「そうね」としか返さなかったりする。
    仲が良くなるほど気遣いがゼロになっていくタイプ。
    昔、ドイツで出会った男の子と鳩文通をしている。
    そのため、たまに肩に鳩が乗っている。
    ==============================

    • 『』

    ※※※以下、閲覧注意※※※

    古い家の出身であり、古きものに囲まれて育つ。
    母親は考古学者であり大学教授。
    父親は普通の会社勤めで母親の職業をよく思っていなかった。
    母親は十二歳の時、考古学者として調査に赴いた先で不幸な事故により死んだ。
    その母親の最後の言葉が「古きものを愛しなさい。新しきものは誰でも作れる。けれど、古きものはもう取り戻せないから」
    宝物は母親の遺稿を集めた論文集。ひとりぐらししている家においてある。
    遺志を継いで、骨董品にかかわる仕事に就きたいと考えている。
    自分の「古いものが好き」という気持ちが「ただの刷り込み」なのではないかということに
    怯えているがゆえに、わざと口にだして「古いものは素敵」と言うようになった。
    座右の銘
    Verba volant, scripta manent.
    (言葉は飛び散ってしまうが、書かれたものは残る)
    名前モチーフ
    あらしふく みむろのやまの もみぢばは
    たつたのかわの にしきなりけり

    AF:青の指輪(鴇)・紫の指輪(七五三木くん)
    とある事件により、「もう自分は七五三木くんの友達にふさわしくない」と考えた鴇は
    七五三木くんに指輪をかえそうとした。
    「私が悪い子でも……友達ですか?」「友達だよ」
    七五三木くんからの肯定により、この指輪は今も鴇の右手にある。友情のあかし。
    単体では何の意味ももたらさない指輪。
    また、バウムガルテンのアトリエを出てしまうと絵画実体化、絵画化の魔術は失われてしまう。
    互いに手を繋ぐ事で感覚・感情の共有が発生する。
    時と場合によっては思考が読めるかも。また、互いにMPの受け渡しが可能となる。

    →森田のあとの管理人(処刑人)とされる。その後、ニャルラトホテプにて廃棄(肉体的ロスト)
    ロスト救済の場合、肉体的ロストからの救済になるので、その場合+1加齢。
    死人に口ありでのTRUE ENDでの記憶、処刑人として人を殺した記憶を断片的に覚えている。
    上記により、人を殺した自分は一生許されないと考えている。

    何度も何度も生き返るかダイスを振ることになった。
    死のギリギリで、決定的成功を出したため、生還。
    →「ヒに十、それに鳥。ヒトの鳥と書いてときといいます」という名乗りだったが、
    これ以降「鴇といいます。ヒに十、それに鳥。ヒトと書くけれど人にはあらず、ただの鳥。そういう意味です」と言う名乗りに変化する。これは鴇は自分のことを「人でなし」だと思っているゆえ。
    また、面談のあと後遺症として利き手の左手がうまく動かなくなる。

    • 1. yyyy/mm/dd
      『青と紫の指輪』
    • 2. yyyy/mm/dd
      『死人に口あり』ロスト
    • 3. yyyy/mm/dd
      『二者面談』ロストより復活
    • 4. yyyy/mm/dd
      『リボルバー』
    • 5. yyyy/mm/dd
      『よっつの扉』
    • 6. yyyy/mm/dd
      『MiaD』
    • 7. yyyy/mm/dd
      『よっつの扉』
    • 8. yyyy/mm/dd
      『果てにて』
    • 9. yyyy/mm/dd
      『ウラムヒマワリ』