B94fc68fe43094892a6c66fca62490c5キタさんの創作っ子
118a64de61446b8414a4e9093f907ed4

”シューレス”ハパロ

陸は広ェなぁ。

94dcf63dc17ca1552b86ee8385f41628

プロフィール

フルネーム
ハパロ・デ・ヴィル
年齢
18
性別
身長
165cm(擬態時)
体重
普通
出身地
海底スラム
一人称
二人称
アンタ
Medal button
 

“靴無し”ハパロ

海の魔、潮騒の民、マーフォーク。ヒョウモンダコの人魚。
華やかで美しい人魚達の街から離れた、爪弾き者のスラム出身。先祖から受け継ぐ自分の“血”に嫌気がさし、村を出奔した。
日銭を稼ぐべく仕事を探している。

“明るい世界”にどうしようもない憧れを持つが、同時に“暗い世界”の自分には決して手が届くものではないと考えている。
素直になりたくてもなれない、信頼したくてもなかなかできない性分。情に強く憧れ、情を何よりも恐れている。
ぶっきらぼうで無愛想。そしてびびりで調子乗り。誰かと関わることも本当は好き。
目を合わせて話すことが苦手。特に真っ直ぐな人物等の“眩しい”相手に対しては、俯くか顔を背けることが多い。

普段は動きやすさを重視して自らの蛸足をヒトの脚に擬態させている。
特に人魚であることを隠しているわけではなく、よく擬態を解除している。勘の良い相手や擬態を看破する力のある相手には、簡単に擬態していることがバレる(看破RP自由)。
焦った時や戦闘時など、余裕がなくなると擬態が解けて本来の姿となる。
本来の脚はヒョウモンダコの蛸足6本。両腕を合わせて8本。
小柄で力も弱く、戦いや争いも苦手なため、自分を護る為に青い警告色を常にぼんやりと灯らせている。びっくりするとビッカビカに光る。
唾液や墨は神経毒で強力だが、積極的には使わない。寧ろ気を付けている。毒に耐性のある相手には全く効かないだろう。
戦闘時は毒を付与した錨をヤケクソにぶん回してがんばる。

本名は“ハパロ・デ・ヴィル”。
毒殺者一家の末息子。先祖から受け継ぐ自分の“血筋”を継ぐ事が嫌で、村から逃げ出した。
毒種である自身が嫌いで仕方ないが、どうすることも出来ないことは理解している。
本来は争い嫌いで温厚だが、自身に近付かせない為に攻撃的な態度をとることが多い。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。