5256629100969bb4b7a8a145e8654d12如月 唯さんの創作っ子
3544dd25c762d6b3a94130d88b7e0d31

蘇 天華

「僕の用心棒は強いんですよ?」

38e44e89a6eafe78829f5394c88880a2

プロフィール

フリガナ
スー ティエファ
年齢
11歳
誕生日
12月5日
性別
血液型
A
身長
140㎝
体重
38㎏
出身地
中華(中国)
一人称
二人称
あなた、〇〇さん、呼び捨て(仲良し)
Medal button
 

マフィア、政治家、富豪、様々な客が集まる闇市【淡花楼】を纏めるトップ。
物心ついた時には既に両親はおらず、スラム街で育つ。
富豪である男性と奴隷として買われた女性の子。しかし女性が天華を授かった事で見捨てられた。
母は病死したが父は健在。
闇市に来ることもあるらしいが、天華を子供だと知るよしもない。

記憶力が良く、一度見たものは忘れない。
IQも高めで優秀だとか。

天華の纏める闇市の先代のトップが、スラム街でまだ幼かった天華を見つけ、自分の跡継ぎにと連れ帰り育てる。
先代に生活に必要な知識や闇市でのルール等、様々な事を叩き込まれた。
学ぶことは好きらしく、天華は教えられた事は直ぐに覚えものにした。(大学レベルの学力を持ち、飛び級・卒業しているらしい)

先代は厳しく、闇市のルールを破る者は客であっても容赦なく仕置きするが、プライベートでの私生活では天華に人としての愛情を注いだという。

天華が10歳の頃に先代がこの世を去った。
先代の後を継ぐも、子供という事に反感を抱く者も少なくない。
その為、自分の身を守ってくれるボディーガードとして、鈴玉と玉祥を闇賭博である賭闘場から引き取り傍につかせている。
鈴玉と玉祥の情報は珊瑚から得た。

鈴玉と玉祥には天華の身を優先し守って貰うことは一番重要だが、独りぼっちの天華はボディーガードであると同時に自分を理解し裏切らない[家族]を求めた。
天華の生まれや境遇そして人柄を知った鈴玉と玉祥は忠誠を誓い、天華は二人に信頼を寄せている。
今の三人は家族以上の絆が結ばれている。

淡花楼では、常連さんなら必ず最初に天華に挨拶をする。
これは数あるルールのうちの1つであり、破った場合は数々の疑いをかけられキツイ仕置きが待っている。

外回りや闇市などへ行く際は仮面をつけて素顔を隠す。

【恋愛対象】
女の子に対して抱く。
年上の成人女性に対しては恋愛感情ではなく、女性の持つ母性に惹かれている様子。

【口調サンプル】
「淡花楼[ウチ]のルールを知らなかった?そんな言い訳知った事じゃないので、潔く罰を受けてください。」

「ご新規さんなら淡花楼[ウチ]の常連さんからの紹介状があるはず。それが無い限り売買は認められません。」

「淡花楼[ココ]で僕を見て「ただの子供」としか認識出来ていない事が、あなたの最大の過ちなんですよ。」

「淡花楼[ココ]での情報収集はタブーです。死にたくなければ、楽しくお買い物だけしていてください。」[ニコニコ]