268cb6646f593d062b8109e56be12f6fえれのはさんの創作っ子
D0b250aaf2692e8a8be2ba471edd8806

プロフィール

フルネーム
ギラン・ニフルヘイム
登場作品
コアスピア
年齢
外見25歳(実年齢は43辺り)
誕生日
8月3日
性別
血液型
O型
身長
185cm
体重
71kg
一人称
二人称
あんた 呼び捨て
Medal button
 

 政府直属、バケモノ討伐部隊-日本支部【7課】第三部隊所属 アマノガミ01
 名称:ギラン・ニフルヘイム
 役職・階級:アージェリカ・パイロット【ヒーロー】・大尉
 出身:第H-15世界
 種族:天族
 使用スキル:精霊使役【光】、二ノハマノ(武器)
【マスター名】
 後藤彩香
【経緯・特記事項】
 ギランは天界と呼ばれる世界で、神の子として生まれました。神の子として生まれましたが、神話をモチーフにして誕生してないため、第0世界において、彼は神性持ち扱いはされてません。神性持ち扱いされないがちゃっかりと立派な不老持ちでもあります。不死ではないため、首など撥ねられてしまったら普通に死んでしまいます。ですが、ある程度成長したら生育が止まってしまうという、普通の人間なら羨ましがる特性を持っています。
【召喚される前】
 地上では魔族が大繁殖し、暴力沙汰を起こして人々を困らせていました。その原因が邪神でした。邪神は天界に仇なす者として、神々によって封印されていましたが、その封印が破られてしまい、魔性が今世に充満してしました。それは邪神の魔性にあてられた魔族は理性が崩壊し、人間を捕まえては食べてしまう、というもののせいでした。元々魔族と人々は仲がよくなかったのが、この件で完全に決裂してしまいます。このままでは魔族だけの世界になってしまうだろう。天界は議論の末に、魔性にあてられた魔族は邪神が滅ぶまで暴走は終わらないため、暴走した魔族だけを殺し、邪神を再び封印するために活動するように決定しました。その討伐にあてられた勇者(めんどくさい仕事を押し付けられただけ)が、神の子ギランでした。
  彼は人々から勇者と讃えられ、魔族からは一方的に同胞を殺害されるために憎まれ、逆に討伐対象になったりしました。襲ってきたら返り討ちにしたり。そう、彼は たった一人で、何百何千と存在する魔族の討伐と邪神の封印をこなしてしまったのです。それが、彼が19歳のときの出来事でした。
【召喚されてから本篇まで】  
  当時まだ結婚してなかった彩香に呼ばれた彼は、召喚に応じて出会います。第0世界に召喚された彼は、彼女の家が軍人家庭で、彩香も現役アージェリカパイロットであったことからすぐに【7課】に配属されます。基本的にマスターと一緒のチームになることはないため(共倒れ防止のため)、別々の部隊に配属されました。ギランは経歴からしても、チームで一緒になって国を防衛するより単独任務の方が向いてる、と真っ先にマスターの祖父である安藤俊則に見抜かれ、【七課】での交流を重ねるより先に、日本と同じように激戦区であるロシアに放り込まれたりしました。所謂、特別任務をこなしながら、彼は彩香が結婚し引退するまでロシア支部と日本支部で活動を続けました。
  その5年後、特別任務が終了し、ギランの配属が正式に【七課】の第三部隊と決まるとギランは隊長に任命されます。その部隊には彩香の夫でもある、後藤哲也も所属してありました。任期は後藤哲也の方が上ですが、ロシアで実績を積んだギランの方が有能である、という判断が議会から降りたため、親族間の付き合いというのもあり、いざござなどは起きませんでしたが、実際は後藤哲也の方がチームリーダーとして優秀で、指揮などは彼が副隊長としてこなしてました。後藤哲也もギランが妻のヒーローであることと、ギランが当たり障りのない対応をしていたおかげで第三部隊の雰囲気が悪くなることはありませんでした。
 それも、【黒の事件】で全てが変わってしまいます。【バケモノ】相手に戦闘中、実態を保つ【黒いバケモノ】が出現し、第0世界の人間に対してのみ耐性をもつそれはヒーロー以外の隊員達に猛威を振るい、最後には副隊長の後藤哲也も戦死してしまい、ギラン以外が全滅してしまったのでした。
 そうして、第三部隊はしばらく解散され、ギランが責任をとって元の世界に帰ろうとしたため、再び安藤俊則がギランを気遣ってヨーロッパなどへ遠征に行かせます。
  マスターの彩香が過労で倒れ、マスターの長女のカノンが行方不明になる事件が起きましたが、ギラン自身も精神的に参っていたことから、彩香の見舞いに行くので精一杯でした。カノンの捜索は刑事課の担当だったのです。それも、すぐに打ち切られてしまいますが、次女のカナンが訓練校に入ると言うようになってから、だんだんと彩香もギランも回復していくようになり、2人とも、カナンに協力的になるようになりました。特にギランは、カナンを自分の娘のように大事にします。カナン本人から好かれてるかどうかは、おいといて。
 ギランはカナンが訓練校に入学すると、【7課】で再び第三部隊の隊長として活動します。もう誰も、失わないようにするために。