67d912b1d5b3824fc143c28d30cda7df青海イクスさんの創作っ子
2419a98c1a352cafca4f14bbf83b8243

エルシア

あたしの本気は、凄いわよ?

66c601975793b734cca00774789acbab

プロフィール

フルネーム
《紅蓮の彩姫》灼蘭
フリガナ
《フェルニ=イリア》エルシア
登場作品
神の夢、色彩の天使達
年齢
27歳(精神年齢換算)
誕生日
????/01/05(存在起点時)(7月2日
性別
霊人属(ニューマン)女性
血液型
霊脈A型
身長
179cm(容姿概算)
体重
0kg(非質量体のため)
出身地
幻想界・赤の領域《熱砂の燎原》
一人称
あたし
二人称
あなた
Medal button
 

うちのこまとめ掲載2キャラ目は、ルミナのライバル、エルシアお姉様を紹介したいと思います。
「灼蘭」と表記してありますが、名前は「エルシア」です。そういうものだと認識してください。

漢字表記は、原作中にて主人公が日本人であるために、本来日本語表記ではない彼女達の名前(エルシア)が、日本語表記として認識されたのを表したものです(という仕組みで漢字表記と洋名を並立させようとしたのですが、エルシアだけどうしても少し無理がある表記になってしまったので、ここで補足させていただきました)。

作中では赤の色彩を司る《紅蓮の彩姫》であり、ルミナと同じく、四大元素の一つ《火》を司る《原初の四色》の一人でもあります。炎を模倣する霊力を操り、全てを焼き尽くす焦熱の幻想術のほか、熱の力を注入することで生体を活性化させる術も得意とします。
火と水という対抗属性関係にあるせいか、水を司るルミナをライバル視しており、物語の序盤から事あるごとにちょっかいをかけてきます。《色彩を司る8姉妹》の中では上から2番目の次女に当たります。

ルミナの項で少しお話しした《色相環》の考え方(ゲーテ「色彩論」より)によると、姉妹達の司る8色には色としての強さの位階があり、具体的には、
1位:赤、2位:橙・紫、4位:黄・青、6位:緑、枠外:黒>白
という順序になっているそうです。このモチーフは作中でこれらの色彩を司る姉妹達の力関係にも反映されています。

エルシアお姉様の特徴は、赤や炎というモチーフからも由来するように、「情熱の女性」という形容に集約できると思います。
原作中では契約者の騎士ティム・クランローズと想い合う心を重ね合わせており、自らを脅かす何者も恐れることなく、破滅の宿命に抗うため、共に魂を燃やして果敢に進撃していきます。形を持たずとも強い力を持つ燃え盛る炎のように、「正義は我らにあり」という信念を決して疑うことのない、尽きることのない「炎の情熱」を体現する姿が、彼女の最大の魅力であると思っています。また同時に、「水の冷静」を司るルミナとは、そういう意味でも対になっています。

PSO2ではガンナー/テクターで、魔装二丁拳銃ノクスシャリオを操り、戦場に咲く薔薇の花の如く、銃火を撒き散らし火花を纏って華麗に舞い踊る、灼熱のバレットダンサーとなっています。
また、ゲーム中ではルミナと同じく原作中における契約者がいないため、原作以上に余裕を漂わせる大人の女性というキャラクターが際立っています。原作中では契約者や主人公達とのコミュニケーションを取ることもあり、もう少しお茶目だったり理知的な所もあったりします。その理由で追加ボイス選択を79と112で迷ったことがありました。聞いてみてお分かりいただければ幸いです。
ちなみに相当引き締まったお身体をしてらっしゃいます。ドレス越しの背中と水着姿は必見です。
作者として嬉しかったのは、イメージ再現率100%を実現できたことです。容姿・声・戦闘スタイル・個性の全てを、ほぼイメージ通りに再現することができました。彼女はルミナと同じく、自分のイメージの原点にあった《原初の四色の女性》の一人でもあったので、それを再現できたのは感動でした。火を噴く二丁拳銃を手に踊る姿は見るたび惚れ直しそうです。

《原初の四色》の一人、情熱の炎姫、エルシア。
原作中・PSO2共に、見る者の心を焼き尽くすような魅力的な女性として描いていければと思います。
(2018/05/23)