36318f2fbec9bd2807f5cafb5be0725a間宮美冴さんの創作っ子
Ccc8ce5d0fac1acf9b96091daab85482

プロフィール

性別
男性
身長
全長2m以上
一人称
俺、わたし
二人称
お前、貴様
Medal button
 

実在する蛇としては、主に沖縄諸島や奄美群島に生息する固有種である。夜行性で性質は荒め。毒は持っていない。方言名としては「マッタブ」がある。
神としては「アカマタ・クロマタ」とされ、は沖縄県八重山列島の豊年祭に登場する来訪神である。
何より沖縄県では「蛇が人間に化ける」民話が伝えられている。

【自創作設定】
長年生きた蛇「アカマタ」が妖怪化したもの。沖縄出身の妖怪であり、下半身が蛇の男である。普段は暑い沖縄を乗り越えようと海に浸かったり三味線を弾いたりしている。全長は軽く2mを超えるが、戦闘時などになるともっと伸びる。体温は人間より低く、触ると冷たい。
性格は素直とは言えず、人間に対してはあまり友好的ではない。だが暑さにやられる人間を見ると呆れつつ飲み物を差し出してくれるので、根はまだ良い妖怪かもしれない。しかし本性は荒く、本当にマジ切れすると恐ろしい。 (c:152073) には心を開いており、 (c:152075) には怖がられている(本人は表面では慣れているように見えるが、どうせ嫌われ者だと諦めているところがある)。
悪食に近い雑食であり、割と何でも食べる。ただ人間の前では気を遣ってか生き物を食べるところを見せない。
美男美女に化けることが出来、訪れた人間を誘惑することもある。そうでなくても下半身をヒトの脚にすることが可能。だが美男美女に化ける時は人間を誘惑する時にしかやらない(何故美男美女に化けないのか?という疑問に対しては本人曰く『これでもかなり力を使う』とのこと)。
彼自身に毒は持っていない。だが毒を飲んだり吸収することでまさに毒蛇となることが出来る(故に相手からの毒攻撃は効かない)。また、噛み付いたり手をかざしたりして相手の精気を吸い取ることは可能。噛み付き自体の威力はかなり高く、痛い
服に対する好奇心を持っている。