Missing thumbラルさんの創作っ子
Missing thumb

カゲ

「俺、誰かを守りたいよ」

プロフィール

フルネーム
ヴィオゼリアード・シャドウ
登場作品
狼執事とおてんば姫
年齢
30代
性別
男性
血液型
AB
身長
167㎝
出身地
ヴィオゼリアード
一人称
二人称
君/~さん/呼び捨て
Medal button
 

『使い捨て兵士』としてヴィオゼリアード国に作り出された〔影の集団〕と名乗る生物兵器。

生物兵器〔影の集団〕はモンスターの魂を使って創り出すのだという。
なので強いモンスターほど高い性能になる。
カゲはプロトタイプだったので特別強いモンスターの魂から作られた。よって高い知能を得ることが出来た。カゲがプロトタイプではなく量産型の方だったならば、人間のように損得勘定を考える事は出来なかっただろう。
元々は空気のような実体の無い存在だったが、ウォーレンス・アメジストが自身の血をカゲに輸血し、人間の血から設計図を作ることによって完全な人型になる事が可能になった。

この世に創り出されてから30年は立っているが、年を取るという概念がない。なので姿は少年のままである。

姿形を変幻自在に変えることが出来る。
ただし、見た目は黒い影そのもので違和感を覚えるが、人型なら輸血のおかげで色素、質感、細部まで成りきれる。

常に黒いローブで素肌を隠し、左眼部分に包帯を巻いている。実際は左眼が存在しない為、怪我をしたようにして隠しているだけだが。本人はこれをコンプレックスと捉えていて、「左眼が無い自分はどうやっても人間では無い」と痛感を繰り返すばかりである。
なぜ左眼が完成しないのかは分からない。