420%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e5%90%9bもゆらさんの創作っ子
503%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%b9

「…(そっとキャラメルを差し出す)」

    503%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%b9

    プロフィール

    フリガナ
    からす
    登場作品
    東京異端審問
    年齢
    20代
    性別
    身長
    181㎝
    一人称
    おれ、僕など(心の中で)
    二人称
    ~さん(心の中で)
    Medal button
     

    181㎝ 髪:黒 目:紫 無所属 身体変化 異能を隠している (恋人無)

    女王様な上司に拾われこき使われるカラスの着ぐるみの男性。
    待遇に不満はないようで、自分を見出した上司を“主様”と心の中で呼び慕っている。
    言葉を忘れたかのように全く喋らない。
    公園によく出没し、意味もなく鳩につつかれる様子が目撃されている。
    身体変化の異能でカラスに変化し、伝書鳩もどきの役割を果たしたり主の顧客に商品を届けたりしている。カラスに変化している間は身体的表現が5割増豊かになる。要はジェスチャーを多用するカラスになる。
    照れるとキャラメルを恥ずかしげに渡してくる。万感の思いのこもった重たいキャラメルである。

    キャラメルやお饅頭など、甘いものが好き。

    上司の死亡後彼女の遺志を汲み、薬屋の店主として細々と暮らしていく予定。営業中は着ぐるみを脱ぎ黒ずくめの恰好に黒いエプロン。
    営業予定時間を過ぎると上司の墓に参りひっそりとたたずんでいる。

     ご意見・ご要望はこちらまで