4d0298716a93ed548c631d95bb6c5bdf緋の粉さんの創作っ子
874e9e314be93ed6323403028ce8ad4c

グラネロ

    657fe1056e99f6b0dff7fee5b8aafe47

    プロフィール

    フルネーム
    Granello
    登場作品
    ほしわたり鉄道
    年齢
    52歳
    誕生日
    8月25日
    性別
    身長
    182cm(猫背の為実際より小さく見える)
    出身地
    かに座の街“アルタルフ”
    一人称
    二人称
    男性に対して→アンタ 女性に対して→おじょーちゃん、名前+チャン
    Medal button
     

    【容姿】
     細身で見た目は弱そう。実際に心も体もそんなに強くは無い。
     首と腕に繋がれた鎖は警察官の印。アルタルフの警察官の為、かに座のマークが記されている。

    【性格】
     いつも気だるそうで感情の起伏が無い。何事にも諦めているような感じ。かに座“アルタルフ“の駅員の海原天幸ちゃんの大ファン。彼女へのアタックは諦めていない様子。恋愛感情ではなく、幼い頃亡くした母親に似ているそうで。女の子好きの男嫌い。
     スキンシップが好きで付き合ってもないのに彼氏面して手繋いできたり、頭ぽんぽんしたり、ぎゅーっと抱き締めてくる、ただの変態。ただし男の子には冷たい(可愛かったら大丈夫かもしれない)。いい歳したおじさんにも関わらず、甘えるのが好き。ぶりっこおじさん。

    【備考】
     幼い頃アルタルフの海の神様に命を助けられ、尊敬している。彼にだけは心を開いている。彼が亡くなった今は目標も無く、のんびり過ごしているようで。
     若い頃はパンクロック好きの目隠れ属性だったとか。ジンベエザメの為、水中を自由に泳ぐことができる。地上に居る際は薄い水の膜を身体中に纏って乾くのを防いでいる。雨上がりの地面のような香りがする。

    【職業】
     父親が警察官だったため、強制的に警察官の道へと歩まされ、てんびん座の街”ズベン・エス・カマリ”の警察教習所で若い頃にみっちり調教されたとか。今はアルタルフの街で警察官をしているが、強力な土着神がいるため、ほとんどサボり気味。

    【能力】
     体内からリボルバー式の拳銃を吐き出して使用する。普段身に付けないのは、女の子と触れ合うときに危ないから、だそうだ。アルタルフは平和なため、そう滅多に使うことはない。50を過ぎて体力がかなり低下しているみたい。

    SV(サンプルボイス)
    「仕事ォ?してるしてる、今こうしててんこチャンを見てるのが俺の仕事だからよォ」
    「おじょーちゃん可愛いねェ、俺とイイコトしねェかィ?」
    「あー、やめてやめて、乾いちゃうからうちわで扇ぐのヤメテー」
    「えー、行っちゃうのー、おじさん寂しいから行かないでくれよォ」

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。