4b1101c8bdad462261405b614a05c94aDouble Incenseさんの創作っ子
3251436a86eb3444fc910b6f1e1a17f9

キサラギ

仕事中毒の社畜死神

6a0b10055940563b85132a06e634bc99

プロフィール

登場作品
死神派遣会社
年齢
20代半ばくらいに見える
性別
身長
171cm
一人称
二人称
貴方、アナタ、~さん、~くん
Medal button
 

▽診断結果
所属:中毒死部
備考欄:ベテラン死神。
端正な顔立ちでナルシスト。
動物を好んでいるようで、常に使い魔の動物が横に並んでいる。


▼基本情報
死神派遣会社・中毒死部送迎課で働くベテラン死神。
仕事には真面目に取り組み、他部からの応援要請にも率先して駆け付ける。
仕事中毒気味で常に何か仕事をしていないと落ち着かないらしく、
一部の同僚からは仕事のし過ぎでそのうち倒れるんじゃないかと思われている。
有休消化が全く進まず、上司から苦言を呈されているが改善の兆しは見られない。

基本、丁寧な物腰だが、男性の送迎対象者に対してはやや雑な扱いをすることがある。
自分の外見に自信を持っているため、外見について言及されると(言及されなくても)
大層ナルシストな物言いが飛び出す。悪気はない。
顔立ちは良いが、字が汚い。手書きの書類は本人以外解読不可能。

仕事時は送迎対象者にどんなことを言われても笑顔で振舞える。
喜怒哀楽の怒哀の表情が乏しく、人前で怒りで怒鳴ったり激昂したりすることはない。
泣くこともない。
(一種のアピールとして怒りの表情を作ったり、状況に応じて泣き真似をすることはある)


▼戦闘
入社当時は護衛課で働いていたこともあり、個体としての戦闘能力は高い。
仕事先で戦闘が発生した場合は職場から支給されている死神用の鎌を使う。
仕事がスムーズに進むなら、戦いは苦ではない。
戦況が1対多になると結構荒っぽいこともやる。感情が昂ぶると“素”が出る。


▼外見
20代半ばの男性に見える。自他共に認める端正な顔立ちを持つ。
髪は白。瞳は青緑に近い。長い後ろ髪は股下まである。


▼服装
黒いスーツ姿で仕事している。靴も黒。
黒い手袋をしている。仕事外でも手袋は外さない。

……服装のセンスに問題があり、自由に私服選びをさせるととんでもないことになる。
そのため、仕事外でも仕事時のようなシャツ着が多い。


▼使い魔
通称・モッくん。(“モップくん”の略…らしい)
ネコだかキツネだかタヌキだかよくわからない外見の霊的生物。
モップに変化することができる他、霊脈を通って移動ができる。
人語は話せないが、理解するだけの知能はある模様。
勇敢な性格で、愚直なまでの忠誠心を持っている。
主人と決めたキサラギがどのような存在であっても臆さずついていく。

元々は神々に仕える低級の神使だが、キサラギが昔任務先で拾ってきて以来、その隣に腰を落ち着けている。
キサラギはあくまで「預かっている」だけで、飼っているという認識はない。

鳴き声は「モフー」とか「モキュ!」など。


▼口調
誰に対しても基本は丁寧語。
素直な物言いをするので、天然or阿呆に見えることがしばしばある。

「私、中毒死部送迎課のキサラギと申します。
 本日は貴方様の魂を、三途の川まで安全にお送りいたします」
「いい男ですみません。嫉妬されても仕方ありませんよね」(笑顔)
「モッくんはタヌキではないです」


他殺死部護衛課の戦闘要員として入社。
同じ山神が身受け人となっていた先輩社員の下で基本の業務知識と社会常識を身に付ける。
その後しばらくして、中毒死部送迎課へ異動。


「谷間にて穢れを食む者」。

縁あって人の姿で死神の仕事をするようになったが、
本来は土地に溜まった瘴気や穢れ、呪詛、果てはもののけ等の魑魅魍魎まで食べて生き永らえていた巨大な蛇。
食したものが体外に滲み出るため、行く先々で不浄や疫病を撒く災厄の類いとして扱われる。
悪食が祟って他の生物が全く寄り付かず、長い間山中で孤独に過ごしてきた。

毒と呪いの類いも餌として食んでいたため高い耐性を持ち、
神位の高い者の手による強力なもの以外効かない。
存在が“負、不浄”なので相対する清浄・神聖なものと相性が悪く、清められることは衰弱に繋がる。

大蛇の姿の時は不浄の(良くない)ものでも丸呑みして食えるため、
仕事上の脅威である もののけ も餌と化す。
ただし食い過ぎると人の姿に戻れなくなったりするので気を付けている。

本来の自分が“何であるか”が露呈すると周囲から避けられることが分かっているので、
大蛇の姿になる時は自分であると分からないように立ち振る舞う。喋らない。

長い間社会に属することなく孤独に過ごし、
他人に自分の感情を示す必要がなかったため感情の表出が極端に乏しい。
人型時の表情は感情に合わせて“表情を作っている”に過ぎない。
表情を作る必要のない時は、嬉しかろうが悲しかろうが無表情である。

怒りは冷酷さとなって表出するため、激昂はしない。
また、自身の悲しみに疎く、泣いたことがない。


【プロフ記事(設定詳細)】
  http://tegaki.pipa.jp/163995/25609077.html
  ……上記内容と相違ある場合はこのまとめ頁のものを優先。

【関連記事一覧】
・「死神の仕事」
  http://tegaki.pipa.jp/163995/25628086.html
・「サボり魔とワーカーホリック」
  http://tegaki.pipa.jp/163995/25617996.html
・「険しい道のり」
  http://tegaki.pipa.jp/163995/25619176.html

〔リスト最終更新日:2017/9/3〕

 ご意見・ご要望はこちらまで