743d4597adf224e4a1fb018f9044796d文化さんの創作っ子
1f0728f1acb89c1169239835421ceb79

フィアンマ

私は、……俺は父とは違う。国を、民を愛している!

Fc5360ca9cfba8657493a54c23d00569

プロフィール

フルネーム
フィアンマ・インテンスヒート
登場作品
アトモスフィア・アンソロジィ
年齢
22
誕生日
7月5日
性別
身長
178
出身地
炎の国インテンスヒート
一人称
私/俺
二人称
貴殿/お前
Medal button
 

原型:エンブオー
やんちゃ イタズラが好き

炎の大国、インテンスヒートの若き王子。
何不自由ない幼少期を過ごし、昔から身の回りの世話をしてくれていたリフ、幼馴染で貴族生まれのエレクト、隣国の元貴族で交流のあったシルアを側近とし、現在は王が不在のインテンスヒートを、王子として統治している。
シルアに小さい頃から恋心を抱いており、彼と共に一生を過ごすために王家を世襲制から選抜制へと変更しようとしている。
破天荒に見えて国とシルアのことを第一に思っており、王家の跡継ぎ問題以外は若くて立派な王子として国民に支持されている。
「インテンスヒート国王暗殺事件」に関わっている者たちのことについては知っているが、彼らを咎めるつもりは一切ない。

(服のデザインは灰原みつるさんから頂きました。ありがとうございました~!)

【!ネタバレ】

家出中だった夜の国の王子シャングに対し、王子の在り方・振る舞い方を初めて示す人物。破天荒だが民を愛するその姿勢に、シャングはフィアンマのような明るく逞しい王子になろうと決意する。
実は幻影島の学校で働くナナホは義理の姉であり、彼女が疾走してから長年探し続けていた。1部エピローグで、王宮に帰ってきたナナホと数年ぶりに再会することになる。

革命軍団のリーダーイシュマに命を狙われることになる。実父が引き起こした戦争の犠牲者と、王家の末裔イシュマに謝罪すべく、彼は側近たちを連れて王宮を出る。
ディアマイアがあった跡地に毎年献花をしているのはフィアンマである。だが、その事実はシルアしか知らない。

 ご意見・ご要望はこちらまで