4e6dd022f7b780c86304383ef7b1a3f2柊谷 信乃さんの創作っ子
Cc43f415662e7708ae5de6c25845abb0

エカチェリーナ

真実よりも優しい嘘は存在しますわ。同じように、本当は優しいのに素直になれない方も居ましてよ。

3bf2a92adaed1008f54f8b97fff8b7ee

プロフィール

フルネーム
エカチェリーナ=ギルシェーヴィナ=ルナチャルスキー
フリガナ
エカチェリーナ=ギルシェーヴィナ=ルナチャルスキー
登場作品
コメットロード
年齢
23
誕生日
7月31日
性別
女性
血液型
O型RH+
身長
165㎝
体重
48㎏
出身地
ルナチャルスキー連邦ズヴェーダ
一人称
わたくし
二人称
あなた、◯◯さん
Medal button
 

偽名はエカチェリーナ=ラジェンスキー。この名前で人生のほとんどを過ごしている。
アルトゥールの親しい友人のフリをしているが、本当はエリザベータとアルトゥールの義理の姉。エカチェリーナ自身は自分がアルトゥールたちの姉であることを知っているものの、アルトゥールが謙遜することを恐れて黙っている。赤ん坊の頃、アリョーシャの父に拐われ、すぐにラジェンスキーの木こりに助けられるも、エカチェリーナの所在が解らなかったので彼らに育てられることとなる。しかし社交的なエカチェリーナは幼いうちに自分の身元を特定し、16歳の誕生日と共にアルトゥールやエリザベータが待つルナチャルスキーに帰国する。しかし二人は自分のことを知らなかったので、エカチェリーナは姉としてではなく部下として二人のために頑張ろうと決心した。
エカチェリーナを産んだのはアリサとされてきたが、もしそれが本当ならアリサはまだ14歳の時に彼女を産むことになる。つまり活躍し得なかったので、それは嘘だとされている。にもかかわらず髪色や瞳の色がそっくりなのは何か数奇なものを感じる。
これは噂だが、実はエカチェリーナがアリョーシャの妹で、ギルシュがドレミン王国から拐ってきたエカチェリーナを無事取り返した、その直後再び行方がわからなくなったエカチェリーナをラジェンスキーの貴族が保護し、王に返すことなく育てたのではないかという説がある。今のところこれ以上有力な情報はないが、エカチェリーナ自身がラジェンスキー家を出て、戻った先がルナチャルスキー連邦だったので、情報が錯乱されてしまったことは間違いない。
非常に柔軟な性格で、様々なアイディアを色々な視点から持ち出す。仕事と遊びを混合させず、会議などには真面目に参加し、遊べる時間は精力的に外に出て遊ぶところは23歳になった今でも変わらない。
イリヤにとっては先輩のような存在で、エカチェリーナもかわいいイリヤには大盤振る舞いすることが多い。
非常にバイタリティ溢れるその人柄は戦闘にも大きく役立ち、アルトゥールやアイゼイヤがヘロヘロになっても彼女はバリバリ敵を一掃し続けるなど、その体力は伊達ではない。
宴の夜も、最後に眠るのは彼女であり、疲労困憊した仲間を笑いながら担ぎ、抱き枕にしながら眠りに落ちる。特にお気に入りの抱き枕はキラ。イリヤだと胸がつっかえて上手く抱けないかららしい。抱き枕なんかなくても3秒で眠りにつけるが、眠りの早さと熟睡が彼女の元気の秘訣。
アルトゥールがキラを助けて逃亡生活を始めるまでは、妹のエリザベータを抱き枕にしていた。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。