Missing thumbNegiさんの創作っ子
3f4a40a33efb016a6482131c04ce1a7b

ぽとふ

Ecf891480a4ff9a2af52dda560e909fd

プロフィール

フルネーム
あいんとぷふ・ぽとふ
登場作品
PSO2内
年齢
15
誕生日
12月24日
性別
男性
血液型
AB
身長
166
体重
51
一人称
二人称
キミ
Medal button
 

アークスシップ内、市街地区画にある家で一人暮らす少年。
所謂試験管ベビーであり、親の顔というものを知らない。

類まれな近接戦闘技術を持っており、齢15でありながら1アークスとして活躍中。EP4時点では肉体・精神年齢=15、コールドスリープの影響で実年齢だけは18歳になっている。

性格は一言で言って「自己中心的」。普段は猫を被っているものの、自分の利益のためであれば他人を切り捨てることに全く躊躇いがない。
が、それはあくまで未だ「自分より大切なもの」が出来たことがないためである。

普段から女装して外を出歩くことが多いが、本人曰く
「自分に似合う服を選んで着てるだけだけど?ね、かわいいでしょ」

《以下、本質部分》
現在の彼以前に、今はもうDF【仮面】と化してしまった「彼」がいた。

時間を行き来することの出来る「彼」がDFとなったことで、その力は変質し本来交わるはずのない複数の世界線の「彼」が過去の一時点において交わってしまう。
その結果、現在の彼の中には複数の《自分》がいる。

本来であれば完全にDFと化した時点でその者は時間の流れから追放され、過去、未来においてもその「存在した証拠」が失われてしまう。
そのため、《最初の彼》がDFとなった時点で現在の彼は消失するはずだった。

そのはずだった。

DFと化した《最初の彼》が持っていた力が時間をつかさどるものでさえ、なければ。
その力が歪み、本来消失するはずだった現在の彼が、他の世界線の彼らと交じり合って、とは言え存在し続けることが出来てしまっている。

今の彼は、言うなれば「本来存在するはずのない[矛盾した存在]」である。

【仮面】と化した《最初の彼》もそれは予想外だったに違いない。

元々、ぽとふという少年は「自分が生きたいように生きる。死にたいように死ぬ」と言う性質をしている。故の自分本位であり、「僕の邪魔は誰にもさせない」という思想である。

現在へと時を遡ってきた【仮面】、《最初の自分》とのやりとりの中で、「本来自分は既に存在しているべきではない者である」ということを知った。

受け入れるのに、そう時間はかからなかった。なぜなら自分以外に大切なモノがないから。

そして、それらが起こってしまった原因である【仮面】を消し去ることを心に誓う。それは、彼の中にいる複数の《他の彼達》も同じだった。

それは、【仮面】が、繰り返し深遠なる闇を巻き戻し続けている今になっても変わらない。

彼の最終目標は【仮面】を消し去り、自分もこの世界から消えること。


ーもし、それを成し遂げるより先に「自分より大切なもの」を見つけてしまったなら、その時彼はどうするのだろうか。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。

     ご意見・ご要望はこちらまで