D024b696bda2bbc7c7441c043f4d020fポークさんの創作っ子
13db790e32e7dd1d9ee7060e9cb6b318

榎恵武

重症アドレナリンジャンキー

    13db790e32e7dd1d9ee7060e9cb6b318

    プロフィール

    フリガナ
    エノキ メグム
    登場作品
    学生戦争
    年齢
    16
    誕生日
    9月25日
    性別
    血液型
    AB
    身長
    172cm
    一人称
    ボク
    二人称
    キミ、お前
    Medal button
     

    デザインははとばさんから頂きました。
    『赤軍に所属する2年生。奇襲が得意。赤茶の髪に色素の薄い瞳。裏表のない性格で使用武器は短剣。両耳にピアスをつけている。』

    ▼略歴
    ・強面だが人懐こく社交的な性格。兄たちから甘やかされ可愛がられている(尚怜志は除く)。
    ・公家の血脈で名家楸の分家。高官を輩出している一族の出。尚本人は高官になるつもりは無い。
    ・両親と年の離れた長兄・次兄が割と忙しく、歳の近い三兄の律雄によく遊んでもらっていた。そのため兄たちの中では律雄に一番懐いている。四兄とは微妙。
    ・幼い頃両親と外出中テロに巻き込まれ人質になりかけるが、間一髪で犯人を倒し救ってくれた憲兵に憧れ、4歳からラウェイを習い鍛えるようになる。両親や長兄・次兄は反対したが、最高権力を持つ当主の祖父が容認した。
    ・このラウェイの技術を使い、中学生の時に誘拐犯を殴り殺している。この時アドレナリンジャンキーとしての才能が開花した。
    ・戦場においてラウェイでは殺しの決定打に欠ける部分があり、律雄の助言により武器を試験的に扱い、試行錯誤するようになる(その過程で更にアドレナリン中毒が悪化)。結果、短剣を扱う才能に秀でていることが分かったため、ラウェイの基礎鍛錬は継続しつつ短剣の技術訓練を行うようになった。
    ・過酷なラウェイの修行により、全身の骨で折れていない場所がなく、しかも何度も繰り返し経験している。そのため細身な割に骨太で超人的な骨密度を誇り、頑丈でタフ。
    ・普段は人懐こくいい子だが、戦闘になると豹変する。血の気が多く獰猛になり、愉しみを持って戦場を駆ける。
    名誉一騎当千
    ・アドレナリンが過剰に分泌される体質のアドレナリンジャンキー。「押すなよ」って言うと秒で押して痛い目に遭い、「やめろ無茶だ!」って言われると「無茶じゃない!まだイケる!」って突っ込んで派手に怪我するタイプ。恐れ知らずで常により危険な方を求める生粋のギャンブラー。刺激が不足すると調子が悪くなる。
    ・アドレナリンが効いている間は疲労も痛みも感じずに戦い続け、何度倒れても立ち上がるが、アドレナリンが切れると痛みと疲労が一気に押し寄せて泣く。深手の傷を負っても痛みを無視して戦ってしまうため結構危険。ごく稀にアドレナリンが闘争→逃走に切り替わることもある。
    ・律雄と違って家族とは特に衝突していないが、家族と律雄の板挟みになって苦労している。
    ・今は大好きな律雄の護衛や商品の護送をやったりして小遣いを稼いでいる。兄の仕事について海外に行くのは楽しいと思っている(予期せぬ戦闘が楽しい)。
    ・通っている高校は軍事課程のないところ。富裕層の子息が通っている男子校。
    ・タトゥーは律雄の真似をして入れた。「鋭鋒」の象徴。
    ・「カッコイイ」の概念が小学生男子に近い。怪獣とか恐竜とか好き。
    ・サブ武器はプッシュダガー。上着にしまっている。指に挟んで投擲する他、指で挟んでそのまま斬りつけて攻撃したりする。
    ・味にとてもうるさい。スイーツが好き。
    ・長兄&次兄と律雄の仲がとても悪く、よく雰囲気を和ませようと道化ていた過去を持つ持つ。このことから目の前で人が言い争うことをひどく嫌う。

    彼とは11歳の時に上海で出会っている。
    夏休みに叔父夫婦に連れられて上海に遊びに来ていた際、護衛として雇われていた劉鋒と親交を深めた。その2年後、日本の民間企業に雇われた彼と再開を果たすが、黒軍過激派の爆破テロに巻き込まれ、劉鋒が恵武を庇い捕虜として連行される。4年間の空白の時間を経て、記憶を無くした彼を拾った。

    ▼好き嫌い
    好き→戦うこと、スリル、律雄、怪獣、恐竜、質のいい食事、劉鋒
    嫌い→退屈、目の前で他人が諍いをすること、ギスギスした雰囲気

    ▼趣味/特技
    趣味→BMX、スケボー
    特技→ナイフジャグリング、ダーツ

    ▼口調
    「〜だねェ」「〜かなァ」というような律雄に似てはいるがやや丸い喋り方。
    「律兄ィ!どこいくのォ?」
    「ボクは榎恵武。キミのお名前は?」
    「作戦とか考えるよりも、戦う方がボクには合ってるんだよねェ。まァ、ちゃんと考えながら戦わなきゃ勝てないし死ぬんだけどさァ」
    「なァに?ボクに何かご用?」
    「メグってあだ名さァ、女の子みたいだよねェ。ずっとそう呼ばれ慣れてるから嫌とか思わないけどさァ」
    「もっと、もっと欲しいなァ、凄いやつ、もっとドキドキしたいなァ……」
    「こんな楽しいこと覚えちゃったら霞んじゃうよねェ、他の遊びなんてさァ」

    (c:20002) (c:108402)

    従兄弟たち
    (c:19988) (c:19992) (c:30125) (c:70515)

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。

       ご意見・ご要望はこちらまで