Missing thumb縹 和食@FaLさんの創作っ子
Cafe51a8257a118fe0a12e7cea05beff

夜影

幸せはいつもそばにあるんだよ。大丈夫、きっと訪れる。

07f400a230c33430623204f11735e79c

プロフィール

フリガナ
ヨカゲ
登場作品
妖亞時空警察隊
年齢
22
誕生日
8月24日
性別
血液型
B
身長
178
体重
63
一人称
二人称
君、あなた、(口が悪くなると)お前
Medal button
 
Medal

普段は明るくて温厚であり、よく任務では破天荒な(いざな)と同行し、いつも振り回されている。
遠隔戦と変装が得意。一応戦えるが接近戦はあまり得意ではない。
とてつもない大食いの酒豪で牛の胃袋を持っていて更には周りを酔い潰す為、皆は一緒に飲みたがらない。
彼が酔って潰れるところを見たことがない(酔っても通常通り)ので、余計に恐れられている。
笑顔でド下ネタをサラッと言いすぎてしまうあたりがキズ。(一度言い出すと止まらない)
ド下ネタだけでなく、グサッとくる言葉もさらっと言う。

陰陽師の家系である、血の繋がった兄と妹の間に夜影と妹が生まれた。
10歳の時、両親が友人の多額の借金の肩代わりにより精神的に病み、無理心中を図ろうと夜影の首を切りつけるが我が子を殺すことができず、借金取りに奪われる前にまだ赤子だった妹を抱えて月夜の中を逃げる。
そのときにできた首の傷は大人になった今も残っているため。包帯で隠している。
その当時のことは、仕方のなかったことだといい、殺そうとした親のことを憎んでいない。
そして12歳まで妹と施設で過ごし、そこから自立する為に妖亞時空警察(ようあじくうけいさつ)学校に通う。その学校で誘(いざな)と出会う。
学科を学年1位、実技を学年2位と好成績で、15歳の時には妖亞隊に正式入隊。
17歳には初めての時空移動任務先(2000年代)で、その任務に関わってくる一人の自殺願望を持った少女と出会う。
その少女には悪神が取り憑き、目の視力を奪われほとんど見えなくなっていく恐怖に自殺しようとするところを
毎回夜影に止められ、最初は抵抗していたものの、次第に心が折れ夜影と親しくなっていく。
だが、親しくなっていくと共にお互いが恋愛感情を持ってしまう。
妖亞時空警察隊(ようあじくうけいさつたい)では、時代を超えての恋路は時間軸に影響を及ぼしてしまうため、恋愛は絶対に禁止という規則がある。
時代を超えて関わった者は任務が終わると強制的に妖亞隊に関する記憶が消される。)
そして、恋愛感情を持ってしまった為に失明寸前の少女を助けるためにに自分の目と魂半分を悪神に契約する。
契約をしたせいで、左目は醜くなり、右目の視力もほぼ無く、悪神の力を発揮していない時に光を見ると激痛が走るため
包帯を巻いて光を遮断するようになった。
見えなくなったぶん、訓練により、オーラで色や人、景色を認識できるようになったり聴力が良くなったり、念力が使えるようになった。
悪神の力を発揮した際、相手の目を失明させることができる(ただし、悪神の力を使う時間が長いと能力を解いた時に反動で動けなくなってしまう)
念力以外にも札で術を使うことが出来るが、自分の体力を削る(術によっては寿命を削ってしまう)ので、使いすぎると危険。
【補足】
ちなみに妹には自分たちが陰陽師の血筋であることを明かしていない。
妹には普通の人として生きて欲しいため、明かす気は一切ない。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。

     ご意見・ご要望はこちらまで